天才メディアアーティスト【落合陽一】の父親も超優秀だった!彼の妻や年収、仕事道具など深堀してみました!

メディアアーティストで人気の落合陽一録さん。  

 

今回は、落合陽一録さんの最新動画の紹介とともに、落合陽一録さんについて徹底的に調べてみました!

 

落合陽一録のプロフィール

 

まず最初に落合陽一録さんのプロフィールを紹介します。

 

落合 陽一(おちあい よういち

 

生年月日:1987年9月16日 33歳(2021年2月現在)

 

出身:東京都六本木

 

所属:ワタナベエンターテインメント

 

日本メディアアーティスト大学教員実業家マルチタレント写真家

 

 

 

「落合陽一」の画像検索結果

 

 

ー人物像ー

東京都出身、六本木育ち。父は国際ジャーナリストの落合信彦。叔父は空手家の落合秀彦。港区立麻布小学校、港区立六本木中学校、開成高等学校卒業。一年の浪人を経て、2007年筑波大学情報学群情報メディア創成学類入学。2011年卒業。2013年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了、2015年同大学院学際情報学府博士課程修了(同大学院学際情報学府初の早期修了者)

2010年ごろからメディアアーティストとして活動。メディアアーティストとして年間数回の個展やグループ展を行っている他、音楽会やコンサートの演出、ファッションショーの演出や日本科学未来館に見られるような科学館での展示の監修なども務める。

専門はメディア芸術のほか、ヒューマンコンピューターインタラクションおよび知能化技術や視聴触覚技術を用いた応用領域。学術的な研究活動とメディアアートによる表現の探求と様々な社会実装によって計算機自然(デジタルネイチャー)と呼ぶ新しい自然ビジョンを目指す。 メディアアート作品を制作し活動するとともに大学教員としてはコンピュータと応用物理を組み合わせた視聴触覚への情報提示や最適化計算などの研究、アクセシビリティの研究などを行っている。

Pixie Dust Technologies, Inc. およびジセカイ株式会社を創業。現在は、DMM オンラインサロンにて「落合陽一塾」でも情報を発信。公式YouTubeチャンネル 落合陽一録では動画での発信を行なっている。    引用:wiki

 

ー研究者としてー

計算機自然というビジョンを持ち研究に従事、2015年より筑波大学で自身のデジタルネイチャー研究室を主宰するほか、2020年よりデジタルネイチャー開発研究センターのセンター長を務める。 専門はヒューマンコンピュータインタラクション、バーチャルリアリティ、空中ディスプレイや空間グラフィクス、人工知能と人間知能の恊働・共創に関する研究や、それに伴うアクセシビリティやダイバーシティへの対応など。研究者として、World Technology Awardや欧州最大のVRの祭典Laval VirtualよりLaval Virtual Awardを4年連続5回受賞など、国内外で受賞多数。 筑波大学では学部・大学院の双方でメディア芸術やメディア技術、コンテンツ表現に関する講義を担当。筑波大の他にも、大阪芸術大、金沢美術工芸大、デジタルハリウッド大で教鞭を執る    引用:wiki

 

 

ツイッターでは彼のオンラインサロンや、NOTEの情報などがツイートされていました。

 

 

 

彼の父、落合信彦さんが出演するCM

 

 

 

父の経歴もすごい!!

 

落合信彦さんは一体何者なのか!?

 

落合 信彦(おちあい のぶひこ、1942年1月8日 – )は、日本出身のジャーナリスト、小説家である。

国際情勢や諜報関係の事情をレポートした作品やそれらを題材とした小説、翻訳、また近年では若者向けの人生指南書を多数執筆している。

アサヒビールから発売された辛口生ビール「スーパードライ」のテレビCMの初代キャラクターに起用された。

ー来歴ー

東京市浅草区(現東京都台東区)浅草出身。東京都立両国高等学校(定時制)卒業。[要出典]高校時代には柔道で全国優勝したとアメリカのメディアが報じている(しかしながら、落合が高校の全国チャンピオンになったとされる1958年には、インターハイにまだ個人戦は設けられていなかった。団体戦も愛知県の東海高校が優勝している。定時制の生徒のための全国大会はそれよりずっと後の1970年に初開催されている)。1961年に奨学金を得て米国ペンシルベニア州レディングのオルブライト大学に留学。在学中に実兄である落合秀彦とともにレディングの警察運動協議会(英語版)やオルブライト大学で柔道と空手の教室を開き、後に門下生たちがCIAや米政府高官などになり貴重な情報ソースとなったという。大学時代には”Nobi”(ノビー)のニックネームで呼ばれた。1965年に大学を卒業大学卒業後、テンプル大学大学院(国際政治学専攻)に進学(1965年)卒業後はジョニーという友人と石油ビジネスを開始、エクアドルで10万バレルの油田を掘り当てるなど大成功を収めるも、作家活動に専念するため1973年に日本に帰国した。 1971年に『あめりか冒険留学 スーパージャップの空手・麻薬・乱交・学園』を上梓した後、1972年に『文藝春秋』11月号(p276〜288)にて「ニクソン世代とマクガバン世代」を発表。1977年には、『週刊文春』4月14日号に「2人の首領 笹川良一と児玉誉士夫」誌上にて「二人の首領」を発表。同年9月22日号より「二〇三九年の真実」連載(単行本はダイヤモンド社から出版)。当時の編集長は田中健五であった。以後、活動の拠点を集英社に移し、月刊プレイボーイ(NO.36 集英社 1978年6月1日)にノンフィクションノベル『首狩り部隊』が掲載。以後同誌にノンフィクションノベル及びノンフィクションを発表するなど、主に国際情勢を題材にしたノンフィクションの記事、単行本、小説などを多数発表。1987年には「アサヒスーパードライ」(アサヒビール)のCMキャラクターとして起用され、作家長者番付で上位10位にランクインする

1997年にはオルブライト大学から名誉博士号(honorary degree of Doctor of Humanities)を授与され、2002年には中華人民共和国・山東省観光大使に就任している。現在、インターネット上にて「勝ち組クラブ」主宰、小学館『SAPIO』で記事を連載。

ーエピソードー

  • ブラックマンデー直前に友人のドナルド・トランプに売りの指示をして、巨額の損失を回避させることに成功した
  • 英語は辞書を食べて覚えた
  • CIAに200名の知り合いがいる
  • キャリアの絶頂期には情報収集のために年間3000万円、国際電話代は月に200万円以上の経費を計上していた。
  • 襲撃に備え、レストランでは常に壁を背にして座る。
  • 車に乗り込む前は、爆弾が仕掛けられていないかチェックをする。
  • 友人の誘いにより大学院を中退(1966年)、その友人の興した油田探鉱の会社で副社長として勤務する。一方で当時のロバート・ケネディ上院議員の大統領選挙スタッフとしても活動。後の暗殺を受けて落合は殺害犯サーハン・ベシャラ・サーハンは遠隔からのマインド・コントロールを受けていたという説を発表。獄中のサーハンを精神科医と共に訪問した落合はサーハンに加害意識がないことを確信したという。
  • 小規模会社でありながら、中東、南米、アフリカ等におけるジャイアンツ(巨大油田)の発見や石油メジャーとビジネス交渉などを行う。もっぱら後進国である現地で暴動がおこり会社のオペレーションが被害を受けることもたびたびあり、落合の人脈で特に最も信用できるエンジニアが流れ弾に当たって死亡する事故がアフリカで起きた。
  • ベトナム戦争で戦死した友人に代わり社長に就任(1968年)。会社名は集英社のパーティーでワイルドターキーを飲みすぎたときに忘れたままだという。
  • サンフランシスコの日本人街にあるバーで流れる日本の歌を聴いて望郷の念に駆られ、日本に一時帰国(1971年)。その歌とは村田英雄の『無法松の一生』であった。
  • 会社を売却。オイルショックのわずか7ヶ月前であった(1973年)。
  • ブルース・リーと対戦し、勝利した経験がある。本人曰く「あんまり強くなかったですね、ブルース・リーは。(中略)3分で勝負がつきました」   引用:wiki

落合陽一録のYouTubeチャンネル

 

YouTubeチャンネルを始めて思ったこと、変わったことを語っています。

 

YouTubeを始めてまず気付いたことは、落合陽一さんの動画やブログなどに着眼している人は意外と少ないと思ったそうです。

 

落合さんに興味がある方は是非、この動画を観て奥が深い彼の活動を知ってみてください。

 

 

 

 

彼の仕事道具で使っているカメラのレンズを詳しく紹介してくれています!

 

光と自身が付き合っていくのはなんだろう、など落合さんならではの深い問いやレンズのエピソードなど語ってくれています。

 

 

 

 

学校に落合さんの作品を展示した芸術祭についての思い出を語ってくれています。

 

夏休みで人がいなくなった感傷的な空間に蝶々を映し出す機械を置いた時に、人がいた風景やそこに残った情念との対話が生まれる情景でアートを表現している事を語っています。

 

 

落合陽一録の略歴

  • 2006年 – 開成高等学校卒業
  • 2011年 – 筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業
  • 2013年 – 東京大学大学院学際情報学府修士課程修了、日本学術振興会特別研究員DC1
  • 2015年 – 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了 (博士指導教官:暦本純一)
  • 2015年 – 筑波大学図書館情報メディア系助教デジタルネイチャー研究室主宰 (-2017)、 VRコンソーシアム(現XRコンソーシアム)理事、Pixie Dust Technologies.inc CEO
  • 2017年 – 筑波大学 図書館情報メディア系 准教授、筑波大学 デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長、筑波大学 学長補佐 (-2019)、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授、JST CREST「計算機によって多様性を実現する社会に向けた超AI基盤に基づく空間視聴触覚技術の社会実装」xDiversity(クロスダイバーシティ) 研究代表内閣府知的財産ビジョン専門委員、東京未来ビジョン懇談会ピクシーダストテクノロジーズ株式会社代表取締役
  • 2018年 – 一般社団法人xDiversity理事
  • 2019年 – 内閣府パラダイムシフトと日本のシナリオ懇談会、内閣府「ムーンショット型研究開発制度」ビジョナリー会議委員、厚生労働省・経済産業省「未来イノベーションワーキング・グループ」委員
  • 2020年 – 筑波大学デジタルネイチャー開発研究センターセンター長、「環境省コロナ後の日本の未来と希望を考える会~気候危機を乗り越え、新しい自然共生を目指す~(五箇勉強会)」メンバー、デジタル改革関連法案WG構成員、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサー、文化庁令和2-3年度文化交流使金沢美術工芸大学客員教授     引用:wiki

落合陽一録の妻

 

落合さんは2016年7月3日に奥さんと結婚されているようです。

 

落合さんの1つ年上の女性みたいですね。

 

他、奥さんの詳しい詳細は残念ながら探しても出てきませんでした。

 

「落合陽一 妻」の画像検索結果

 

「落合陽一 妻」の画像検索結果

 

「落合陽一 妻」の画像検索結果

 

落合陽一録の年収

 

累計収入 6万2073円
推定年収 1万1298円
再生回数 51万7279回
チャンネル登録者数 4万2400人
動画投稿数 23本
1動画あたりの再生回数 2万2490回
チャンネル運用期間 5年10ヶ月
2015年04月09日~

 

落合陽一録の人気動画

 

落合陽一録さんの人気の動画はこちらとなっています。

 

 

なんと再生数は19万回!

 

どんな気持ちでチャンネルを開設したのか、どんな動画をあげていくかなど解説してくれています。

 

落合陽一録の最新動画

 

そんな落合陽一録さんの最新動画はこちら!

 

 

3Dプリント構造と音楽の融合。ずっと見ていられる癒される動画ですね。

 

まとめ

今回は落合陽一録さんについて調べてみました。 いかがでしたか?

 

 

メディアアーティストで人気の落合陽一録さんですが、今後も要チェックなYouTuberだと思います!

 

 

これからも落合陽一録さんに注目したいと思います!