“ウイイレプロゲーマー”ちゃまくんの年収や年齢は? 結婚してる? 元吉本芸人という驚きの経歴も

コナミデジタルエンタテインメントから発売されている人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズ

 

サッカーファンであれば誰でも一度はやったことはあると言っても過言ではない家庭用ゲームです。

 

もちろん、実況する方も多数いますが、その中で一躍高い人気を誇っているちゃまくんという人物をご存知でしょうか?

 

今日はそのちゃまくんについて徹底調査したいと思います!

 

それでは早速、いってみましょー!

ちゃまくんのプロフィール

ちゃまくんの年齢や主な経歴

(写真:VAMOLA)

本名 大牟禮 要(おおむれ かなめ)
生年月日 1986年6月6日(34歳)
出身地 長崎県大村市
血液型 AB型
身長 170cm
実況するもの ウイニングイレブンシリーズ、FIFAシリーズ

引用:wikipedia

 

ちゃまくんがゲーム配信者としてYouTube活動を始めたのは2013年です。

 

元々、ウイイレ愛が強く、大会でも活躍する実力者で、自身のプレー動画のみならず、スキルや裏技、ガチャ動画など、ウイイレに関する多くの情報を発信していくことで徐々に人気を高めていきました。

 

明るくて素直でクラスで一人はいたお調子者タイプの人柄も魅力です。

 

ちなみに、2018年7月20日に日本初eスポーツのサッカー専門メディア「VAMOLA」の初代編集長に就任しています。



ちゃまくんの名前の由来は?

気になるちゃまくんという名前の由来ですが、幼少期からのあだ名であった“おぼっちゃま”からきているそうです。

 

今でも大柄な体型や髪型からおぼっちゃま感が滲みでています。

 

ちゃまくんは結婚してる?

サッカーゲーム実況者としての地位を確立しつつあるちゃまくんですが、現在34歳。

 

結婚していてもおかしくない年齢ですが、その情報は全く見つかりません。

 

2016年9月の時点では、以下のようなツイートをしていますが、現在はどうなんでしょうか。

 

ちゃまくんの年収は?

現在、YouTubeで10万人のチャンネル登録者数を誇るちゃまくんですが、開始当初はコンビニでアルバイトをしながらやっていたようです。

 

今はアルバイトを辞めてYouTube一本で頑張っているようですが、「Tuber Town」によれば、推定年収は203万3878円とのこと。

 

ただ、これはYouTubeの広告収入のみの数字です。

 

ウイニングイレブンシリーズでは高い人気を誇るちゃまくんなので、企業案件やイベント参加などで、高額を稼いでいてもおかしくないと思います。



ちゃまくんは元吉本芸人!?

 

なんと調べていたら意外な経歴が。

 

今でこそサッカーゲーム配信者として有名なちゃまくんですが、かつては吉本興業で芸人をやっていたそうです。

 

東京NSC11期生。

 

同期にはエド・はるみさん、チョコレートプラネットさん、パンサーの向井さん、シソンヌさんがいたようです。

 

現在はTwitterのプロフィール欄にも“元”と書いてある通り、今は芸人活動はしていない模様。

 

ゲーム実況も明るくふざけたりして動画を盛り上げるちゃまさんですが、元芸人さんだと聴けば納得です。

 

ちゃまくんの元相方もYouTuber!?

ちゃまくんは2011年から2013年にレオ(上記写真:右)という方と共に「スーパーマッシュパーティー」というコンビ名で活動しておりました。

 

ただ、相方のレオさんですが、現在、ちゃまくん同様にYouTuberとして活躍しているのです。

 

サッカーファンの方であれば、驚くかもしれません。

 

ちゃまくんの元相方は、サッカー解説や戦術分析で人気を博している「Leo The Football」さんなんです。

 

きっかけもちゃまくんだったようで、サッカーゲームの実況をしているちゃまくんのチャンネルに登場し、リアルなサッカーの話をしていたようです。

 

今でも親交はあり、共にYouTuberとして切磋琢磨しているようです。

 

良い関係ですね。



ちゃまくんの新着動画

ちゃまくんの人気動画

まとめ

以上!

 

サッカーゲーム実況者のちゃまくんについてでした。

 

サッカーファンであれば一度はやったことがあるウイニングイレブンシリーズ。

 

毎年、発売されており、今では「リアルなサッカーをやったり、観たりはしないけど、ウイイレはやってる!」という人も多数います。

 

上手くなりたい! 友達に勝ちたい!という方は、一度、ちゃまくんの動画を観てみてはいかがでしょうか。

 

僕も注目してちゃまくんを追っていきたいと思います!

 

それでは、また。