※2/25更新!!弁護士YouTuberが1億円プレゼント!?【山口達也容疑者は実刑判決!?】タケシ弁護士とは?山口達也容疑者を実刑判決の可能性ありと語る!黒川検事長の告発状を検察庁に届けた!?タケシ弁護士を徹底深堀り!!

今回はタケシ弁護士さんについて調べてみたいと思います

タケシ弁護士さんは山口達也容疑者を実刑判決の可能性ありと宣言したことで話題となりました、そんな彼を徹底深堀り!!

2/25追記 タケシ弁護士が1億円プレゼント企画!?第1弾は前澤友作とコラボ!

 

今までにも著名人の起こした騒動に弁護士としての見解を示してきたタケシ弁護士

 

今回、弁護士YouTuberとしては異例の現金プレゼント企画を発表して話題となっています

 

以下記事引用です

 

弁護士YouTuberが1億円プレゼント企画発表。第1弾は前澤友作とのコラボで1500万円

 

2021年2月22日、「岡野タケシ弁護士」(登録者数9.8万人)が「【現金1億円プレゼント第一弾】前澤さんと一緒に1500万円を贈ります。」を公開しました。

 

 

1億円プレゼント企画を発表

 

タケシ弁護士は、アトム法律事務所と無料オンライン労働組合・みんなのユニオンの代表を務める現役弁護士。

 

18〜28歳の10年間無職で放浪、高卒で司法試験に合格するという異色の経歴の持ち主です。

 

YouTube界の炎上を弁護士の観点から解説したり、「ラファエル」(登録者数179万人)や「コレコレ」(同134万人)などの人気YouTuberの法律相談にものるなど、

 

関連記事

 

精力的にYouTube活動をおこなっています。

 

月収は1000万円にものぼるとのこと。

 

 

そんなタケシ弁護士は動画で「奨学金1億円プレゼント企画」を発表。

 

第1弾として、起業家の「前澤友作」(登録者数57万人)と協力して、「勉強を頑張りたい人」に向けて総額1500万円を贈ることを明かしました。

 

1500万円の出資の内訳は、タケシ弁護士が1000万円、前澤が500万円とのこと。

 

「日本の学力を強くしたい」

 

今回の「お金贈り」は、

 

勉強頑張ってる人に向けての勉強のための支援金

 

だと語るタケシ弁護士。

 

対象は学生だけでなく社会人や主婦など誰でもOKのようです。

 

タケシ弁護士は「お金贈り」を始めることにした背景として、

 

1人1人の勉強を応援することを通じて、日本の学力を強くしたい

 

という想いがあったといいます。

 

弁護士になる前は、「ただの高卒のフリーター」だったというタケシ弁護士。

 

約10年間、アルバイトをしながら司法試験の勉強をしていたといいます。

 

勉強ってやっぱすごく孤独やったり先が見えなかったりするやん。(中略)
どんどん精神がすり減ってくる

 

と、受験生だった当時の心境を明かし、

 

奨学金をプレゼントすることで、不安とか孤独の中で頑張ってる1人1人を応援すると同時に、日本全体の学力の底上げみたいなところにも貢献できたらいいかなと思って

 

と話しました。

 

締め切りは2月28日

 

応募方法は、タケシ弁護士と前澤友作のツイッターをフォローし、応募フォームから必要事項を送信すること。

 

締め切りは2月28日の夜となっています。

 

 

応募フォーム

タケシ弁護士は、残りの9000万円に関しても、今後継続的に奨学金としてプレゼントしていくと発表。

 

全国の勉学に励む人々にチャンネル登録を呼びかけています。

 

 

タケシ弁護士のwikiプロフィール

 

 

おかのたけし

岡野武志

生誕 1977年11月14日
大阪府枚方市
国籍 日本
別名 岡野タケシ、タケシ弁護士
職業 弁護士、税理士、ユーチューバー

 

岡野 武志(おかの たけし、1977年11月14日 – )は、日本の男性弁護士第二東京弁護士会所属、登録番号37890)、税理士東京税理士会所属)、ユーチューバー

 

大阪府枚方市出身。アトム法律事務所弁護士法人(第二東京弁護士会所属、届出番号474)代表、レインメーカー株式会社代表取締役社長、みんなのユニオン執行委員

 

概要

 

高校卒業後、単身渡米し、2年半にわたりアメリカで生活を送る。帰国後は、無職、またはフリーターとしてバーテンダー、土木工事などの職業に携わる。

 

2008年、高卒で旧司法試験に合格。司法修習を終了した翌日に、単身でアトム東京法律事務所を設立。2年後に弁護士法人化し、代表弁護士に就任。

 

2016年、法人内のマーケティング部門を独立させたレインメーカー株式会社を設立し、代表取締役に就任。

 

弁護士法人のグループ化を進め、2017年に修習同期の高橋裕樹弁護士が代表弁護士を務めるアトム市川船橋法律事務所弁護士法人がグループに加盟。

 

2019年からはユーチューバーとして法律問題や時事問題の解説に携わり、2020年6月現在、登録者数4万人を超えるチャンネルを保有している。

 

法律監修

 

テレビドラマ

  • NHK「聖女」
  • テレビ朝日「相棒season13」
  • フジテレビ「鬼女」
  • フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」
  • フジテレビ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」
  • フジテレビ「素直になれなくて」
  • 日本テレビ「35歳の高校生」
  • TBSテレビ「99.9 -刑事専門弁護士-」

 

映画

 

  • 漫才ギャング

 

引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E9%87%8E%E6%AD%A6%E5%BF%97

 

タケシ弁護士、本名 岡野武史さんは弁護士として弁護士法人の代表をしながら、YouTuberとしても活動しています。

 

さらにドラマの法律監修も行うなどマルチな活躍をしています。

 

黒川検事長の告発状を制作

 

 

こちらは黒川弘務元検事長が賭け麻雀疑惑を週刊文春により報じられましたが、常習賭博罪には当たらないとされ不起訴処分となりました。

 

この問題についてタケシ弁護士さんは検察庁に告発状を提出してことで注目を集めました。

 

 

そのほかこの事件を弁護士として解説する動画を多数アップしています。

 

黒川検事長が不起訴処分となった事は多くの国民が疑問に思っていたこともあり、

 

このタケシ弁護士の行為はとても正義感のある素晴らしい行動だと称賛を受けました。

 

山口達也容疑者の飲酒運転について言及

 

タケシ弁護士は22日に酒気帯び運転で現行犯逮捕された元TOKIO・山口達也容疑者について動画をアップして言及しました。

 

タケシ弁護士、山口達也容疑者について「懲役刑を求刑される可能性はある」と語る

 

 

飲んだ量によって処分は変わってくる

 

タケシ弁護士こと岡野武志氏。

 

刑事事件の専門弁護士として10年以上、多くの事案を担当しており、メディア出演のほか、

 

同氏のホームページによれば『相棒season13』(テレビ朝日系)や『絶対零度~未解決事件特命捜査~』(フジテレビ系)といったドラマでも法律監修を務めてきた人物です。

 

彼は動画の冒頭、

 

酒気帯び0.7ミリグラム。これをキーワードに考察していきたい

 

と同容疑者が摂取したとされるアルコール分について述べ、解説をスタートさせます。

 

まずは報道されていることを一通り説明。

 

山口容疑者は22日9時半ごろ、東京・練馬区で友人宅へバイクで向かっていたところ、信号待ちをしていた車の後ろにバイクごと衝突。

 

駆けつけた警察は同容疑者の様子がおかしかったことからアルコールの呼気検査を行ったところ、呼気1リットルあたりにつき0,7ミリグラムのアルコールが検出されたとのことです。

 

ここまで事件をおさらいした上でタケシ弁護士は、「酒気帯び運転」とはそもそもどういうことなのかについて、

 

酒気帯び運転に当たるのは、「0.15ミリグラム以上」と定められている(中略)この場合だと「免許停止」になります。

 

と語り、さらに

 

「0.25ミリグラム以上」のアルコールが検出された場合には(中略)「免許取り消し」という、より重い行政処分を受けることになります。

 

と、摂取したアルコール濃度によって処分の重さが変わってくると述べました。

 

アルコール「0.7ミリグラム」の意味

 

そして同弁護士は、山口容疑者が飲んだ0.7ミリグラムについて、

 

基準値の0.15ミリグラムに比べると4~5倍という、とてつもない量。
(中略)ビールに例えると、ロング缶のビールを7杯程度飲んだ時に検出されるアルコール濃度と言われています。

 

と語っています。

 

 

「悪質性が高い」

 

そしてタケシ弁護士は、

 

捜査機関から見るとかなり悪質性が高い酒気帯び運転ということでとらえられてしまいます。
だからこそ逮捕もされたし、警視庁に移送されたのでは。

 

と推測。

 

またタケシ弁護士は「前科がない限り、いきなり刑務所はない」としながらも、

 

仮に前科がなかったとしても、懲役刑を求刑される可能性はある。
朝の9時半に0.7ミリグラムのお酒が入った状態でバイクを運転してるって、一番悪いぐらいの酒気帯び運転。
かつ物損事故も起こしているので公判請求され懲役刑を求刑される可能性がある

 

という見方を示し、

 

もちろん罰金で終わる可能性もありますが、今回の事件の動きを見ていると、刑事裁判はありうるかな

 

と示唆していました。

 

 

山口達也容疑者の飲酒量に注目して、実刑判決の可能性と罰金刑の可能性を考察しています。

 

タケシ弁護士の人気動画

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか、今回はタケシ弁護士さんについて調べてみました。

 

今後もタケシ弁護士に注目して行きたいと思います。