【里美ゆりあちゃんねる】元恵比寿マスカッツの里美ゆりあがタワマン強盗被害に!!被害額は600万円!?2億円脱税事件!?里美ゆりあを徹底深堀り!!

さて今回は里美ゆりあについて調べてみたいと思います。

強盗被害にあって話題の彼女を徹底深堀り!!

里美ゆりあのwikiプロフィール

 

皆さん里美ゆりあさんをご存知でしょうか?

 

恵比寿マスカッツにも所属していた人気のAV女優さんで、里美ゆりあちゃんねるというYouTubeチャンネルも運営されています。

 

先日強盗被害にあったことでも注目を集めています。

 

  

 

プロフィール
生年月日 1984年12月17日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本・神奈川県
血液型 AB型
公称サイズ
身長 / 体重 158 cm /  kg
スリーサイズ 86 – 56 – 84 cm
ブラのサイズ D
備考
活動
ジャンル アダルトビデオ
出演期間 2008年 – 現在
専属契約
MOODYZ
Maza sirdute.pngプレミアム

 

YouTube
チャンネル
  • 里美ゆりあちゃんねる
活動期間 2018年 
ジャンル エンターテインメント
登録者数 1.57万人
総再生回数 243万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年10月4日時点。

 

略歴

 

2008年12月、美の専属女優としてAVデビュー。2010年12月、MOODYZ専属女優となる。

 

2011年4月、恵比寿マスカッツに加入し、おねだりマスカットDX!に出演開始。

 

MOODYZと並行しつつアイデアポケットとのW専属となる。同年10月より再びMOODYZのみ専属に。

 

2012年、アダルトビデオ30周年記念企画(AV30)人気投票で12位に選ばれた。

 

2013年3月、おねだりマスカットSP!放送終了。2014年4月 -解散コンサート『女の花道』2013年4月7日にて恵比寿マスカッツを卒業。

 

2014年8月、プレミアム専属女優となる。2014年10月、韓国映画に主演。2016年12月からアイポケ専属に復帰。2017年9月からプレステージ専属に移籍。

 

2019年 7月からマドンナ専属へと移籍。 2020年1月からワンズファクトリー専属となる。

 

引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C%E7%BE%8E%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%82

 

 

里美ゆりあさんは恵比寿マスカッツへも所属していた人気のセクシー女優さんです。

 

ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

最近は里美ゆりあちゃんねるを運営するYouTuberとしても活動されています。

 

タワマン強盗被害

 

2020年10月26日、東京目黒区のタワーマンションで宅配業者を装った強盗事件が起こりましたが、被害者がセクシー女優の「里美ゆりあ」(登録者数2.1万人)だったことが判明。

 

ツイッターで「セクシー女優」がトレンド1位になるなど大きな話題となっています。

 

タワマン強盗被害のセクシー女優・里美ゆりあ、YouTubeで事件を語る

 

宅配業者装った強盗事件が発生

 

報道によると26日、宅配業者を装った少年2人が東京都目黒区のタワーマンションに侵入。女性から現金600万円を奪ったとして翌日には少年3人が逮捕されたとのことです。

 

飲食店従業員と塗装工の少年2人が宅配業者を名乗り、女性にオートロック玄関の鍵を開けさせて侵入した。現金を奪った後、高校生が運転する軽乗用車で逃走したが、26日午後4時ごろに神奈川県内で身柄を確保された。(毎日新聞)

強盗事件の被害に

 

27日、被害を受けた里美ゆりあ本人がYouTubeに動画を公開しました。

 

 

里美は

 

昨日ですね、宅配強盗に遭いました

 

と話し、事件の経緯を説明しました。

 

マンションのドアホンが押された際、画面上には宅配業者の格好をした人物が1人だけ映っていたとのこと。

 

その人物がエレベーターに乗り込んだ時点では、もうひとり違う人物が映っていたようです。

 

自室のドアホンが鳴り、ドアを開けると「1億円脱税してるよね」と言われ、2人が押し入ってきたそう。

 

急に押し込んできて「ギャー」って言ったんだけど、それでもダメで。
普通にガーッて入ってきて。

 

里美は抵抗、「逃げようとして押さえられて」というのを3回ほど繰り返しますが、「殴るしかなくなるよ」と言われて「逃げてもムダだなって思って」観念したようです。

 

里美は腕や足には残ったアザや傷を見せています。

 

 

脱税事件でお金を持っていると誤解?

 

犯人は「俺らはとにかく1億円だけ持って帰りたいんだ」と言っていたそう。

 

里美は「そもそもお金なんてない」「そんなお金なんてないんだからさ」と言い、犯人にもお金はないと告げたようです。

 

しかし犯人はクローゼットから数百万円の現金を見つけ出したそうで、これを奪って逃走しました。

 

ちなみに里美は2014年、2億4500万円の所得隠しで1億7000万円の追徴課税を科せられています。

 

この事件を耳にした犯人は、里美が現在もお金を持っていると思い込んだようです。
(参考:東スポWeb「人気セクシー女優が明かす『2億円脱税事件の顛末』と『男』

 

里美本人は500~600万円奪われたと認識していたそうですが、犯人の車からは400万円の現金が見つかったと報道されています。

 

里美本人は動転していて正確な金額は覚えていないものの「400よりあったんじゃないかな」と語っています。

 

狙おうと思えばいくらでも狙えちゃう

 

「命の危険を感じた」という里美は、捕まった3人以外にも“指示役”がいたはずだとして現在も不安な様子。

 

ホームパーティーももう今後はできないし、ほんと私はひっそり・・・

 

と苦笑しています。

 

犯人の印象は

 

足立とか練馬とかにいそうな、「マザーファッカー」とか言ってそうな感じの、池袋とか錦糸町で飲んでる感じの少年って感じ(中略)
「悪いことしか俺らはもうたぶんできないんだ」って多分思い込んでるっていうか、自分でそう戒めてるような少年

 

と語っています。
(※地名に関しては、バカにしている訳ではないと後で補足しています)

 

警察の取り調べは12時間にも及び、ヘトヘトになったそう。

 

取り調べは犯人の逮捕後だったようですが、「それでも心臓がずっとドキドキしてる状態」だったとのこと。

 

里美は宅配強盗以外でも、

 

狙おうと思えばいくらでも狙えちゃうじゃないですか。
ホント怖い世の中ですよねとしか言いようがないっていうか、どうやったら自分を守ればいいんだろうってね。

 

といい、「真剣に考えていかないと、いろんな人が今後狙われ続ける」と不安な心境を語っています。

 

 

2億円脱税事件

 

里美ゆりあさんは2014年6月に2億4500万円にも及ぶ所得隠しがあったとして東京都国税局より調査を受けています。

 

納税問題

 

2014年6月、国税庁東京国税局の課税部資料調査課が、里美ゆりあの銀行口座を税務調査したところ、2007年から2013年までの7年間に約2億4500万円の所得があったが、

 

個人事業主であるにもかかわらず、一度も確定申告を行っていないとして所得隠しを指摘された

 

そのうち、AV女優としての報酬は約4500万円で、残りの約2億円は個人的に相手をした男性から現金で受け取り、銀行口座に入れていた。

 

国税局は、これを「接待サービスへの対価」とみなし、重加算税と延滞税を加え約1億1500万円の追徴課税を課した。

 

これに対し里美は、所轄の目黒税務署に対して異議申し立てを行い、

 

「結婚を条件に交際したが、成就しなかったので慰謝料として金銭を受け取った」とし、

 

「大阪在住の医師、FX株取引会社、香港在住の不動産業者、NPO法人主宰者から、それぞれ5000万円を受け取った」と反論した。

 

所得税法上、慰謝料は損害を賠償するものであり、原則非課税となる

 

里美は、国税庁OBの税理士を代理人に立てたが、国税庁への申し立ては却下された。

 

その後、追徴課税は支払い終わったが、延滞税が嵩んだため、最終的な納税額が1億7000万円になってしまった

 

一連の騒動について、里美は意図的に脱税をする気はなく、無知だったと述懐している

 

引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C%E7%BE%8E%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%82

 

人気セクシー女優が明かす「2億円脱税事件の顛末」と「男」

 

2014年6月に東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘された人気セクシー女優の里美ゆりあ(32)が自叙伝「SEX&MONEY 私はそれを我慢できない」(展望社)を出版。初体験、援助交際、アダルトデビュー、そして脱税事件の顛末などを告白し、本紙に壮絶半生を語った。「信じられるのはお金だけだった」という里美は、転落の一途をたどる元タレント・坂口杏里(26)にもアドバイスを送った――。

「死のうと思った」

里美はそう回想する。14年6月、自宅に国税局の職員がやって来た。「なんで来たかわかりますよね?」と言われたものの、何のことかサッパリだった。

2億4500万円の所得隠しと、1億7000万円の追徴課税――。事件はたちまちニュースになった。自叙伝には事件の真相が詳細につづられている。「なぜ脱税したのか?」。この疑問を解き明かす鍵は生い立ちにある。

幼いころに両親が離婚。父親だと思っていた人は、本当のパパではなかった。親の愛情を受けずに育つ一方、性に目覚めるのは早かった。

初体験は小学6年生で、相手は同級生のブラジル人。セックスへの興味から誰とでもヤルようになった。公園で野宿していたら、20歳の男性3人に声をかけられ、4Pをしたこともあった。中学時代は援助交際に明け暮れた。当時はガン黒ギャル全盛時代で、流行のアイテム欲しさに100人以上と寝まくった。危険な目に遭うこともしばしばで「ホテルで浣腸を4本入れられたり、ヤクザ2人にレイプされたこともあった」。

高校に進学したものの、1か月で退学。表参道でスカウトされ、アダルトの世界に入った。「小泉彩」の芸名でデビューしたが、鳴かず飛ばず。その後、「里美ゆりあ」の名前で再デビューし、現在に至る。

「当時は誰ひとりとして人を信用していなかった。信じられるのはお金だけ。セクシー—女優の仕事が軌道に乗っても、住まいは川崎の築30年のボロアパート。将来が不安で、老後のことを考え『とりあえず3億円ためよう』と決めたので、ぜいたくはしてこなかった」

実際、3億円ためた。しかし、その直後に国税から所得隠しを指摘され、巨額の追徴課税を言い渡された。

「必死にためた3億円が一瞬でなくなると思ったら、パニックになった。(課税後)口座に5000万円残らなかったら、本気で死のうと決めていた」

失敗の原因は「無知」。何が所得で、どう申告するかもわからない。個人事業主だが、確定申告はやったこともない。稼いだお金はすべて銀行口座に入れてため、国税職員にとってはいいカモだ。「狙われていたと思う。脱税する気なんてなくて、早く教えてくれれば払っていた。国税はある程度の金額になるのを見計らっていたと思う」と振り返る。

ただ、事件を機に里美は変わった。1億7000万円の追徴金はすでに支払い済み。現在は税理士を雇い、生活面も「エルメスのバーキンを買ったり、お金を使うようになった。1人で生きていくという考えから、結婚して子供を産みたいと思うようになった」という。

そんな里美が気になるのは坂口だ。母で女優の坂口良子さん(13年死去、享年57)から相続した数千万円をホスト遊びで溶かし、アダルトデビュー。4月には知人のホストから3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕されるなど、波瀾万丈な人生を送っている。里美は「やっぱり2世タレントというのが大きいと思う。親のスネはかじれるし、自分ひとりでどうにかしなくてもいい。それが突然、母親がいなくなって、どうしていいかわからなくなったんだと思う。彼女は私と似ている部分がある。いまはもがいている最中。這い上がってほしい。そして人間らしく生きてほしい」と話す。

覚醒剤取締法違反で服役経験のある小向美奈子(32)とも親交があるそうで「彼女は彼女で自分の店をオープンして楽しくやっている。こないだ店に行ったら、恰幅が良くなっていてビックリした。謎の男性を殴っている最中だったので、話しかけるのはやめといた(笑い)」という。

金への執着を捨てた里美。第2の人生は始まったばかりだ。

 

引用

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/812650/

 

 

まとめ

いかがでしたか、今回は里美ゆりあについて調べてみました。

今後も注目していきたいと思います。

 

関連記事