Repezen Foxx(レペゼンフォックス)結成!!VAZ元社長とパートナーシップ締結!!DJ社長の新たな挑戦!!H氏との裁判はどうなるのか!? レペゼン地球 CandyFoxx 浜崎盛史 【Repezen Foxx】を徹底深堀り!!

今回は【Repezen Foxx】について調べてみたいと思います

レペゼン地球の解散から新グループを結成した彼らを徹底深堀り



【Repezen Foxx】のwikiプロフィール

 

 

チャンネル登録名:【Repezen Foxx】

チャンネル登録者数:247万人

チャンネル登録日2018/01/28 

総再生回数11,310,472 回

 

先日レペゼン地球の解散の真相を話したことで話題になったDJ社長

 

 

その翌日の動画で今後の活動について発表がされました

 

 

そこで発表された新たなグループ名【Repezen Foxx】

 

今後この名前で楽曲発表がされていくようです

 

その後チャンネル登録名もレペゼン地球から【Repezen Foxx】へ変更され、動画の投稿も再開されました

 

 

 

 

以前のレペゼン地球の雰囲気が漂っていてとても楽しそうですね!

 

メンバーの詳しいプロフィールはこちらを御覧ください

関連記事

 



Repezen Foxx 結成の経緯

 

レペゼン地球は昨年末のドーム公演を最後に解散をしました

 

その解散の真相とはH氏とのトラブルが原因であったことを動画で明かしています

 

詳しくはこちらをどうぞ

関連記事

 

H氏から会社の株を返してもらうことを約束していたDJ社長

 

しかし、H氏に株を返すことの条件として突きつけられた要求があまりに理不尽なものでした

 

その条件には楽曲の権利の破棄、不可解な経理への追求をしないことなどが含まれていたようです

 

その後DJ社長はH氏から代表取締役を解任され、レペゼン地球の解散を決めたそうです

 

その後DJ社長はCandy Foxxを結成、MVをYouTubeで公開していました

 

 

 

しかしこれらの作品は楽曲ではなく、Candy Foxxという「物語のタイトル」「映像作品」だったそうです

 

DJ社長は

 

レペゼン地球が解散したからCandy Foxxが作られた訳ではないんですよ。
レペゼン地球が解散してようが、してなかろうが全然関係なく、元々2021年の1月からCandy Foxxっていう活動は始めようと、ずっと前から考えてたことなんですよ

と明かしました

 

「物語」を作る理由は「僕の趣味」「昔からの夢みたいな感じ」とのこと

 

今後Candy FoxxのYouTubeチャンネルではこのストーリの続きが公開されていくと思われます

 

レペゼン地球という名前は現在使えないため、楽曲発表をするためには新たなグループ名が必要です

 

そこで発表されたのがRepezen Foxxという新たなグループ名です

 

 

ということは今後こちらのチャンネルで新たな楽曲発表がされるのだと思います

 

また皆さんの楽曲が聴けることになりそうで嬉しいですね!

 

Repezen Foxx マーケティング会社Pien

 

DJ社長が新たなグループ名を発表するとともにすでに新しい活動を始めています

 

以下記事引用です

 

VAZ元社長がTikTok特化のマーケティング会社「Pien」(ぴえん)を設立
Repezen Foxxとパートナーシップ締結

 

VAZ元社長の森泰輝氏が、TikTokに特化したマーケティング会社の設立を発表し、

元「レペゼン地球」(登録者数233万人)の「Repezen Foxx」とパートナーシップを締結したことを明らかにしました。

 

 

昨年VAZ代表を退任した森氏

 

大手YouTuber事務所・VAZ(バズ)の創業者である森氏は、昨年10月に代表取締役を退任しています。
VAZといえば、ここ数年所属クリエイターの退所が続出しているほか、クリエイターと事務所とのトラブルも何度か取り沙汰されたことで知られます。

森氏は退任を発表するにあたり、その理由を「新型コロナウイルスによる経営不振」とする一方で、自身の力不足を吐露するとともに、「退任という意思決定はあまりにも悔しく、情けないです」ともコメントしていました。

 

TikTokマーケティングを専門とするPien株式会社

 

そんな森氏が6月3日、note上に「スタートアップの経営、もうやめます。」と題する文章を公開し、

TikTokに特化したマーケティング会社「Pien」(ぴえん)を設立したと発表しました。

 

「DIAMOND SIGNAL」によると、Pienは

 

「企業のTikTok公式アカウント運営」と「広告運用」という2つの事業をメインに、企業のマーケティング戦略の構築から運用までを、ワンストップで支援していく
(DIAMOND SIGNAL)

 

とのこと。

 

VAZはYouTube進出前には、「6秒動画」で知られる「Vine」向けのサービスを展開していたことから、

同じく短尺動画プラットフォームであるTikTokへの進出は、原点回帰とも言えます。

 

「Repezen Foxx」と戦略的パートナーシップを提携

 

Pienの創業メンバーは、「経営者、マーケター、ポーカープロと、それぞれ異なるバックグラウンド」を持っているそう。

会社は4月に設立され、起業直後ながらすでに10社近くのクライアントがいるとのこと。
これに加え、森氏は元レペゼン地球の「Repezen Foxx」と戦略的パートナーシップを提携したことも明らかにしました。

レペゼン地球は昨年末に解散し、今年1月からは「Candy Foxx」(登録者数126万人)として活動。
リーダーのDJ社長は6月1日、グループを解散した本当の理由が出資者とのトラブルであると明かし、大きな話題となったばかり。
そんな中、レペゼン地球の新しいグループ名として、これも6月2日に発表されたばかりなのが「Repezen Foxx」です。

 

長尺動画ユーザーの「潜在的な悩み」を解決できるのが短尺動画

 

森氏によると、これまで動画市場のトップに立っていた、YouTubeに代表される「長尺動画プラットフォーム」は、「コンテンツに詰め込める情報量が非常に多いため、視聴者のエンゲージメントを高めやすい」特徴があるとのこと。

YouTubeの成功でYouTuberという存在が市民権を得る一方で、競争が激化した結果、現在はスターが生まれにくい状況になっているそう。
これに対し、TikTokでは「無名の配信者がスターになるチャンスがわんさかある」といいます。

森氏は、「新しい人を探したいが、動画を見るのが面倒」「面白いか分からない動画を数分見るのが無理」といった長尺動画ユーザーの「潜在的な悩み」を解決できるのが短尺動画プラットフォームだと説明。
中でも特に注目すべきなのがTikTokだとして、今後は「短尺動画プラットフォームの逆襲が始まる」と述べています。

 

 

Repezen Foxx 人気動画

 

 

 

DJ社長の顔が整形前ですね

現在はかなり顔がかっこよくなっています

 



まとめ

いかがでしたか、【Repezen Foxx】について調べてみました。

今後も注目して行きたいと思います。