【上場企業に訴訟】おは養分チャンネルがオープ◯ハウスに集団訴訟!?おは養分とは?会社は?ぼのぼの?おは養分チャンネルを徹底深堀り!!

さて今回はおは養分をについて調べてみたいと思います。

上場企業を相手取った集団訴訟で注目を集めている彼を徹底深堀り!!

おは養分チャンネルのwikiプロフィール

 

皆さんおは養分チャンネルをご存知でしょうか

 

現在訴訟を計画中ということで注目を集めています

 

 

チャンネル名 : おは養分チャンネル

チャンネル登録日 : 2018/07/23

総再生回数 : 1,574,161 回

チャンネル概要欄

 

説明
おは養分。

不動産投資家「ぼのぼのですよ」が運営するチャンネルです。

不動産投資の手法、知らなくてはならないこと、クソボロ物件や、
難しかないような物件の現地配信などを行います。

【ぼのぼのですよが運営する不動産投資サロンはコチラから】

サロン「Club Nexus」について

【ラインアットではコアな情報をお伝えしています】
ラインアット
https://line.me/R/ti/p/%40okuribitoooya

【毒舌Twitterアカウント。主に投資全般。】
⇒ぼのぼのですよ

⇒ぼのぼのでした(不動産アカウント)

 

 

おは養分チャンネルを運営しているのは ぼのぼのですよさん という男性です

 

不動産投資家として活動しており、会社経営、不動産投資サロンの運営などをされています

 

投稿している動画は本業の不動産に関することから、現金プレゼント企画などバラエティに富んでいます

 

ぼのぼのですよ

 

ぼのぼのですよ さんはどういった経歴を持つ人なのでしょうか

 

そのプロフィールに迫っていきましょう

 

 

こちらは公式ホームページの情報です

 

1989年 平成元年生まれ

広島県出身

19才のときにマンション販売会社に就職

20歳で転職、売買仲介、用地仕入れ、賃貸仲介など様々な業務を経験

投資詐欺により500万円を騙し取られる

22才、千葉に物件を購入し借金をしながらも不動産投資を再開

不動産投資により借金を返済し、現在純資産は9桁を超える

 

現在は 純資産9桁 不動産のみの年間キャッシュフロー8桁 借金ゼロ という状況だそうです

 

引用
https://okuribitoooya.com/profile_salon/

おは養分とは

 

チャンネル名にも使われている「おは養分」とはどういう意味の言葉なのでしょうか

 

知らない方も多いと思います

 

「おは養分」とはぼのぼのですよ さんの決め台詞だそうです

 

投資によって損をした人を得を下側が煽る言葉として「おは養分」と言うようです

 

損した人を養分と呼んでいるんですね

 

オープ◯ハウスを集団訴訟!?

 

おは養分チャンネル」(登録者2万人)の代表「ぼのぼのですよ」が従業員を守るため、とある不動産会社と法廷で戦う姿勢を見せました。

 

不動産投資家として活動するYouTuber・ぼのぼのは不動産に関する知識を分かりやすく解説するほか、社会の“養分”にならないための知識を動画で伝授しています。

 

労働環境ツイートしただけで名誉毀損? 不動産YouTuberが従業員のため上場企業との訴訟へ

 

従業員が大手企業から情報開示請求

 

2020年10月30日、ぼのぼのはツイッターを更新。

 

現在ぼのぼのの元で従業員として働いている「ぷん次郎」宛に、東証一部上場の不動産会社「○ープンハウス」から情報開示請求が届いたと明かしました。

 

ぷん次郎は、前職が「○ープンハウス」だったとのこと。

 

※「○ープンハウス」は「オープンハウス」であることが明らかなため、以降「オープンハウス」と記載します。

 

 

ぷん次郎は質問箱サービス「Peing」にて、フォロワーの質問に答えるかたちで、オープンハウスの労働環境を暴露していたそう。

 

16:00 悲しくなって近くの川を眺めに行く。
17:00 最後の詰め仕事。ここで「コッカラッス!!」と叫ぶ。(一部抜粋)

 

これに対し、オープンハウスは名誉権を侵害されたとして、損害賠償請求権の行使など複数の目的遂行のため、ぷん次郎に氏名・住所・メールアドレスの情報開示を請求したようです。

 

ぼのぼのは

 

訴訟されたら俺の費用負担で反訴してYouTubeやるわ。俺は自分の社員を守る。

 

と表明。訴訟に備え、顧問弁護士に相談していることを明らかにしました。

 

 

真実性と公益性

 

11月2日、ぼのぼのは「【訴訟】従業員が〇ーぷんハウスに情報開示請求されたので徹底抗戦します」を公開。

 

ぼのぼの・ぷん次郎が、弁護士の高橋氏に相談をするかたちの動画となっています。

 

 

まず高橋氏は

 

名誉棄損自体は真実か真実でないかは関係ないので。
むしろそれよりも、(ぷん次郎の投稿内容が)名誉棄損的であっても許される動向に当たる、というのはありうるので。
要は簡単に言うと、真実公共の利害に関するものの場合には、違法性がないという判断になるので、ここに書かれてる内容が真実かどうかという点は大事になってくる。

 

と話し、ぷん次郎に投稿内容が真実かを尋ねると、「はい」とのこと。

 

具体的な時期は伏せられましたが、2019年4月になされた、労働時間を厳正にする労働基準法の改正後の出来事だったそうです。

 

高橋氏が「ある“ひどい1日”だけを書いた」のか尋ねると、ぷん次郎は「ほぼほぼこんな感じ」と回答。

 

雇用契約書の勤務時間自体は9時半~19時半とかで(中略)土日祝・木曜日は8時半出社ですね。
(中略)
(上司からの)指示もありますし、暗黙で8時半ですとか9時半打刻、夜は21時半までに打刻という感じですね。

 

高橋氏はその証拠を確保するため、ぷん次郎に従業員とやりとりしたLINEが残っていないか尋ねます。

 

ぷん次郎はそれを発見し、

 

終わった時間は23時くらいでした。
普段社員に認識される終業時間としては、21時が社員の共通認識のものになっています。

 

と回答。

 

こちらからたたき返せる可能性がある

 

これを聞いた高橋氏は、ぷん次郎の投稿に真実性があるとして「これって逆にこちら側からたたき返せる可能性があって」と説明。

 

さらにぷん次郎が上司からの命令で、21時以降は宅建士資格の勉強時間として23時まで社内に居残るよう言われていたという話を聞き、

 

残業代や未払賃金の問題は、23時までの労働が業務指示という判断になる可能性があるので、そうすると1日当たり3時間くらいの時間外労働分というのは発生するわけですよ。
(中略)
もらえるならもらっておいた方がいいお金ですから

 

と、逆にこちらからオープンハウスを叩ける可能性があると話しました。

 

 

訴訟に乗り気

 

ぼのぼのは、オープンハウスがぷん次郎のことを現役の社員だと勘違いし、「そいつを炙り出す」目的で今回情報開示請求をおこなったのではないかと予想しているそう。

 

そのため、本気で訴訟を起こすつもりはないのではないかと予想しているそうですが、

 

自身で“頭のネジ100本くらい抜けてる経営者”とするぼのぼのは「逆にこうなったら、やってしまってもいいのかな」と考えているそう。

 

集団で訴訟を起こすため、ぷん次郎以外の被害者もツイッターで募集すると話しました。

 

 

高橋氏も、こういった会社の真実を伝えることに公益性は十分にあるとして、訴訟に乗り気な姿勢を見せました。

 

こういう状況が是正されない限りは、この企業に就職することは奨めない、というある意味メッセージですから。

 

ちなみに、ぷん次郎の投稿にもある「コッカラッス!!」という言葉の意味を高橋氏が尋ねると、ぷん次郎は

 

「ここから頑張ります!」的な。(中略)この魔法の言葉を唱えれば頑張れるって、会社が教えてくれました。

 

と話しました。

 

続々とタレコミ届く

 

現在ぼのぼのの元には、元・現役社員から続々とメッセージが届いているとのことです。

 

 

引用
https://ytranking.net/blog/archives/39880

「集団訴訟に加わりたい方はDM下さい」―不動産YouTuberが上場企業との訴訟を表明

 

「おは養分チャンネル」(登録者2万人)代表の「ぼのぼのですよ」がツイッターを更新し、大手不動産会社「オープンハウス」と訴訟する姿勢を固めました。

 

不動産投資家として活動するYouTuber・ぼのぼのは不動産に関する知識を分かりやすく解説するほか、社会の“養分”にならないための知識を動画で伝授しています。

 

情報開示請求届くも、叩き返す姿勢を見せる

 

10月末、ぼのぼのは自身の従業員「ぷん次郎」宛に、東証一部上場の不動産会社「○ープンハウス」から情報開示請求が届いたと明かしました。

 

ぷん次郎は、前職が「○ープンハウス」だったとのこと。
※「○ープンハウス」は「オープンハウス」であることが明らかなため、以降「オープンハウス」と記載します。

 

ぷん次郎は前職時代、オープンハウスの労働環境などをSNSに投稿していました。

 

しかし彼が退職した今になって、オープンハウスは名誉権を侵害されたとして、損害賠償請求権の行使など複数の目的遂行のため、

 

ぷん次郎に氏名・住所・メールアドレスの情報開示を請求したようです。

 

ぼのぼのは「俺は自分の社員を守る」と、顧問弁護士に相談しました。

 

顧問弁護士はぷん次郎の投稿に真実性があると確認したうえで、オープンハウスからの提訴を「たたき返せる可能性」があると説明。

 

さらに未払いの時間外労働分の賃金も相当にあるとして、逆にこちらからオープンハウスを叩ける可能性があると話しました。

 

それを聞いたぼのぼのは集団で訴訟を起こすため、ぷん次郎以外の“被害者”もツイッターで募集すると話しました。

 

続々とタレコミ届き、「集団訴訟に加わりたい方はDM下さい」

 

ぼのぼのの呼びかけに応じて、オープンハウスの元従業員や、内定辞退者などから続々とタレコミが届いたそう。

 

 

ぼのぼのはそうした“被害者”からヒアリングをする座談会を2回ほど開催。

 

その後11月14日、ツイッターにて「無事に○ープンハウスに対して訴訟する動きとなりました。」と報告するとともに、更に参加者を募ると話しています。

 

 

引用
https://ytranking.net/blog/archives/40763

 

まとめ

いかがでしたか、今回はおは養分チャンネルについて調べてみました。

今後も注目していきたいと思います。