モンスタージョンTVはバンドマンでプロボーカルだった!独特な挨拶でワンピースを考察する!アンチが多い理由は?暴走族の過去。身長/本名/プロフィール/歌

こんにちは!

今回は考察系YouTuberの【モンスタージョンTV】さんについてまとめてみました!

このブログではYouTuberについてまとめているのであなたの気になるYouTuberがいたら他の記事も是非御覧ください!

それでは~。Let’Go!!!

モンスタージョンTVのプロフィール。

プロフィール
本名 不明
生年月日 1992年11月19日
年齢 27歳(2020年9月現在)
身長 175~180cm(と思われる)
体重 97.3kg
所属事務所 MSY株式会社
人物
  • 日本とブラジルのハーフ。
  • 酒・タバコ・ギャンブルはやらない。
  • 元暴走族。

本名は明かされていません。

元暴走族というのは本当のようで本人のTwitterで画像とともに投稿されています。

モンスタージョンTV人気のポイント!

耳に残る挨拶!

モンスタージョンTVといえばあいさつ!

独特な挨拶が耳に残っている方も多いのではないでしょうか?

「ヘイガーイズ!モンスターズジョンTV!」

「元気があれば何でもできる!元気があれば“ウルージ”になれる!そんなあなたは因果晒し!!」

という挨拶から始まり流れるようにずっっっっっっと喋り続けています。

流石のトーク力だなと思います。

こちらの動画ではモンスタージョンTVの挨拶がゲームとして動画のネタとして扱われています。

はなおでんがんチャンネルはこちらにまとめてあるので合わせて御覧ください。

モンスタージョンTVのアンチが多い理由。

視聴者からの意見は…?

そんな人気のモンスタージョンTVですが、実はアンチも多くいるのです。

ワンピース考察を主に活躍されていますが

 

そのワンピース考察において

この考察どうなの、、、?

みたいな意見がちょくちょく耳に入ります。

 

私としてはあくまで「考察」ですから

人それぞれの意見がありますし

もしその考察が外れていたとしても

面白かったり、そんな考えもあるかも、、、?

という見方をすればよいことだと思うのですが、

視聴者の方の中では様々な意見があるようです。

 考察があたったとしても…

彼の動画を見ていると頻繁に目にするこの文字。

 

考察動画の内容がちょっとかすっていても

考察が当たっている編集をする場合は

「いやいや、、ちょっとかすっただけじゃん」

みたいな意見がちょくちょくあるみたいです。

 

また、考察がガバガバで外れていた時には

そのことについてノータッチで話を進めていく

といったところに対しても

ヘイトがたまっちゃうみたいですね。

(難しい…)

モンスタージョンTVは歌も上手い!

普段はワンピースの考察を投稿しているジョンさんですが、歌の動画も投稿しているんです!

そして歌が上手いんですよ!

こちらはワンピースアニメ主題歌「One day」です。

とても上手ですね。この歌以外にもLiSAさんの「紅蓮華」や米津玄師さんの「Flamingo」などワンピースに関連してない曲なども歌っています。

実はバンドマンのジョンさん!

はい!歌が上手いのは必然だったのかもしれません。

実はジョンさんバンドのボーカルなんです。

Sugar or Dryというバンドの

ボーカルをやっています。

なるほど。うまいわけだ(笑)

普段の動画からは想像できない雰囲気ですよね。

カッコいいです…

モンスタージョンTVおすすめ動画。

マルチに活躍しているジョンさんのおすすめ動画を紹介します。

【ワンピース考察】未来の新四皇メンバーがヤバすぎる!シャンクス 黒ひげ ビッグマム カイドウは全員入れ替え!? 5人の皇帝の伏線も!【ONE PIECE考察】

【ワンピース考察】赤髪海賊団がゴムゴムの実を奪った敵船は◯◯の船だった!? シャンクスがゴムゴムの実を欲しがっていた理由がヤバイ【ONE PIECE考察】

【ワンピース考察】神回!LAUGH TALE(ラフテル)=笑い話はミスリード!ワンピースの正体, Dの意味, Dの一族の正体, Dの意志とは, ラフテルとは 全て判明!?【ONE PIECE考察】】

【ワンピース考察】1巻で既に登場していたというワンピースのラスボスの正体はネタ抜きでヒグマだった!? 伏線と理由!最強キャラヒグマが生きてる証拠が!【ONE PIECE考察

ジョンさんならではの着眼点で考察される内容が面白いです。

まとめ

今回はワンピース考察YouTuberのモンスタージョンTVさんについてまとめてみました。

ワンピース考察のYouTuberは増えてきていますが第一人者として現在でも先頭を走っています。

これからも独特の観点からの考察でバンバン当てていってほしいですね!

ではまた!