元世界王者の【京口紘人】が通っているジムってどこ??あの朝倉兄弟とのコラボや年収など深堀してみました!

格闘家で人気の京口紘人さん。

 

今回は、京口紘人さんの最新動画の紹介とともに、京口紘人さんについて徹底的に調べてみました!  

 

京口紘人のプロフィール

まず最初に京口紘人さんのプロフィールを紹介します。

 

京口紘人(きょうぐちひろと)さんは、1993年11月27日生まれの26歳です。(2020年8月現在)  

 

日本プロボクサー 第20代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。元IBF世界ミニマム級王者。現WBA世界ライトフライ級スーパー王者

 

  京口紘人のwikiやインスタは?イケメンの画像!兄が逮捕で謝罪は ...  

 

大阪観光大使。Youtuber。

 

苦しんだ京口紘人「最後はスタミナがキツかった」 | Boxing News ...

京口紘人のYouTubeチャンネル

以前紹介した朝倉兄弟とのコラボ動画です!

 

YouTuberとしての顔を持つ格闘家【朝倉未来】の年収や来歴を徹底解説します!

 

 

 

朝倉海さんとのコラボ動画です。

兄弟揃って最強!!朝倉海がシバターとケンカ!?路上でイキってたヤンキーを撃退!?年収や戦歴など深堀してみました!!

 

京口紘人の人物像

1993年11月27日大阪府和泉市出身。和泉市立国府小学校→和泉市立和泉中学校→大阪府立伯太高等学校→大阪商業大学経済学部卒業。 父と伯父が空手道場『聖心會』を主宰する空手家であったため、京口も3歳の時から空手を始める。 実兄が大阪帝拳ボクシングジムでボクシングをやっていたことから、自身も小学校6年(12歳)で大阪帝拳に通い、ボクシングを始める。特に大阪帝拳の大先輩である辰吉丈一郎への憧れが強く、高校時代の3年間は辰吉直々の指導を受ける毎日であったという。 大阪商業大学へ進学後、大学3年次の第69回国民体育大会(2014年)ボクシング競技では、成年男子ライトフライ級で優勝を飾る。2015年、大学4年次でボクシング部主将となり、同年の「第5回台北市カップ国際ボクシングトーナメント」(台湾・台北市)では、日本代表選手として出場、ライトフライ級で準優勝となった。 2016年、大学卒業と同時にプロ入りし、ワタナベボクシングジムに入門。同年2月のB級プロテストを受験して合格した。4月17日に大阪府立体育会館第2競技場でナーヨレック・シッサイトーンとライトフライ級6回戦を戦い、2回2分55秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。 2016年5月16日、バンコクのミナヨーティンボクシングジムでファンタ・ルークジャオメーサイトーンと50.0kg契約6回戦を行い、デビュー戦から2戦連続KO勝ちとなる初回33秒TKOを収めた。 2016年8月7日、大阪府立体育会館第2競技場で宮崎拳一とミニマム級8回戦を行い、デビュー戦から3戦連続KO勝ちとなる3回39秒KO勝ちを収めた。 2016年11月15日、後楽園ホールで行われた「DANGAN171」でマイケル・カメリオンと107ポンド8回戦を行い、デビュー戦から4戦連続KO勝ちとなる初回33秒KO勝ちを収めた。12月13日、東日本ボクシング協会の2016年11月度月間新鋭賞に選出された。 2016年12月31日、大田区総合体育館でジュヌエル・ラカールと107ポンド8回戦を行い、デビュー戦から5戦連続KO勝ちとなる3回46秒KO勝ちを収めた。 2017年2月28日、後楽園ホールでアルマンド・デラクルス(フィリピン)とOPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦を行い、デビュー戦から6戦連続KO勝ちとなる3回2分2秒KO勝ちを収めOPBF王座の獲得に成功した。 2017年4月25日、後楽園ホールで行われた「DANGAN180」でOPBF東洋太平洋ミニマム級2位のジョナサン・レフジョと対戦し、12回3-0(117-111、118-111、119-109)の判定勝ちを収めデビュー戦から続いていたKO勝ちが6でストップしたものの、OPBF王座の初防衛に成功した 2017年7月23日、大田区総合体育館でIBF世界ミニマム級王者のホセ・アルグメドと対戦し、12回3-0(116-111×2、115-112)の判定勝ちを収め辰吉丈一郎、名城信男に並ぶプロ8戦目での世界戴冠に成功した。 2017年12月31日、大田区総合体育館でIBF世界ミニマム級3位のカルロス・ブイトラゴと対戦し、8回2分28秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した。 2018年5月20日、大田区総合体育館にて、1階級上のIBF世界ライトフライ級10位でWBOアジア太平洋ライトフライ級ユース王者のビンス・パラスと対戦し、3回にダウンを喫するも後半持ち直して12回3-0(3者とも117-110)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。 その後、自身の体重増加により減量が苦しくなったことを理由として転級を決意、2018年8月11日にIBF世界ミニマム級王座を返上したことを発表した。 2018年12月31日にマカオで2階級制覇をかけWBA世界ライトフライ級スーパー王者ヘッキー・ブドラーに挑戦し、10回終了TKO勝ちを収め王座を獲得し、2階級制覇を成し遂げた、並びにWBAスーパー王座及びリングマガジン王座獲得に成功した。 2019年6月19日、幕張メッセ・イベントホールでWBA世界ライトフライ級10位でOPBF東洋太平洋ライトフライ級シルバー王者のサタンムアンレック・CPフレッシュマートと対戦し、12回3-0(117-111×2、117-112)で判定勝ちを収め、初防衛に成功した。 2019年10月1日、大阪府立体育会館で元日本ライトフライ級王者で、WBA世界同級1位の久田哲也と対戦。2回に久田に右ストレートをカウンターで決められ、膝を折らされるも、9回に右アッパーが決まり、続けて打ち下ろした右フックでダウンを奪うなどして、12回3-0(115-112、116-111、117-110)で判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。 2020年5月9日、大阪府堺市の大浜体育館でアンディカ・ゴールデンボーイと対戦予定だったが新型コロナウイルスの影響で試合中止になった。                           引用:wiki

 

 

京口紘人の所属事務所

 

  ワタナベボクシングジム所属。 http://www.watanabegym.com/boxer/hiroto-kyoguchi/

 

京口紘人の推定年収

累計収入 182万3509円
推定年収 182万3510円
再生回数 1519万5915回
チャンネル登録者数 11万1000人
動画投稿数 85本
1動画あたりの再生回数 17万8775回
チャンネル運用期間 0年10ヶ月 2019年10月01日~

 

京口紘人の人気動画

 

京口紘人さんの人気の動画はこちらとなっています。

 

なんと再生数は107万回! レジェンド達の反応が新鮮で観ていて面白いです!

 

京口紘人の最新動画

 

そんな京口紘人さんの最新動画はこちら!

 

強い男達のお茶目な一面はとっても面白いです!

 

まとめ

今回は京口紘人さんについて調べてみました。 いかがでしたか?

 

格闘家で人気の京口紘人さんですが、今後も要チェックなYouTuberだと思います!

 

これからも京口紘人さんに注目したいと思います!