HIPHOPアーティスト【KREVA】の年収や実家など徹底解説!!

HIPHOPアーディストで人気のKREVAさん。

 

今回は、KREVAさんの最新動画の紹介とともに、KREVAさんについて徹底的に調べてみました!

 

KREVAのプロフィール

まず最初にKREVAさんのプロフィールを紹介します。

 

KREVAさんは、1976年6月18日生まれの44歳です。

 

本名は畠山貴志(はたけやま たかし)

 

血液型:O型 身長:178cm  名前の由来は英単語clever(「ずる賢い」の意)から。  

 

KREVAは、日本ラッパーシンガーソングライター音楽プロデューサー

 

KICK THE CAN CREWのメンバーおよびFUNKY GRAMMAR UNIT神輿ロッカーズの一員。DJネームは908。

w-inds. 橘慶太×KREVA対談【前編】 トラックメイカー視点で語り合う ...

 

青森県弘前市で生まれ、東京都江戸川区で育つ。

 

東京都立国際高等学校を経て、慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に進学。  

独占】KREVA「サッカーからもらっている言葉がたくさんある。選手にも ...

 

平井堅、小柳ゆきなど様々なアーティストの楽曲のリミックスや客演等も行い、CUEZERO、 SONOMIを率いて自らのレーベル「くレーベル」を発足し、プロデューサーとしても活動。

 

DJ TATSUTAと結成した顔PASSブラザーズ、BLAST RAMPAGEの千晴と結成したストレスFREEとしても活動。

 

2004年からソロ活動を始めた理由は、思いついたメロディや言葉を、聞こえてきたまま、形にしたかったからと述べている。また、グループだから聞かないという人に向けたものをやりたかったという。

 

ソロ活動開始当初は全都道府県のラジオ局を訪ね、KICK THE CAN CREWの話は極力避けながら新人アーティストとしてプロモーション活動をしていた。

 

サッカーファンとして知られており、KICK THE CAN CREW時代からのスタッフ等で構成されるサッカーチーム「東京忍者」の代表でもある。好きな選手はリカルド・クアレスマで、JUMP ON IT という曲中でも歌詞にしている。

 

ツアー中、ホテルでしばしばウイニングイレブンに興じていることもブログにて明かしている。 また自身も高校の時までサッカー部所属で子供の頃はプロサッカー選手を目指していた。 2012年の4月1日から自身の誕生日である6月18日までの間、期間限定でTwitterの発信をしていた。2014年以降は自身でのツイートを時々行っている。  

 

KREVAのYouTubeチャンネル

ライブでKREVAさんがためになる話を語ってくれます。

 

過去のステージ衣装を紹介してくれています。どれもKREVAさんだからこそ似合う、なかなか真似出来ないものが多いですね。

 

KREVAの来歴

By Phar The Dopest | ディスコグラフィー | Discogs

東京都立国際高等学校を経て、慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に進学。

 

在学中の1995年に、小学生時代からの同級生であるCUE(現・CUEZERO)と共にBY PHAR THE DOPESTを結成し、アンダーグラウンドでの活動を始める。

 

卒業後も、その活動を1998年頃まで続け、アルバム『BY PHAR THE DOPEST』をリリースするまでに至る。  

 

 

 

キック・ザ・カン・クルーのVR商品めぐり、所属会社と販売元の見解に ...

GyaO、2003年6月開催のKICK THE CAN CREWライブ映像を公開 | RBB TODAY

ーKICK THE CAN CREW時代ー

1997年から、LITTLEDJ SHUHOMCUとともに活動を開始したKICK THE CAN CREWでは、MCとほぼすべての曲のトラックメーキングを担当。2002年には、「マルシェ」でNHK紅白歌合戦出場を果たす。  

 

 

 

KREVAが示した、音楽本来の快楽と知的興奮 『完全1人ツアー2018』東京 ...

ーソロ活動時代ー

2004年6月、日比谷野外音楽堂での2daysライブを最後にKICK THE CAN CREWの活動を休止。同年、自らを、「新人クレバ」と称し、ソロ活動を開始した。

 

自身の誕生日6月18日、インディーズからシングル「希望の炎」を10908枚限定リリース。

 

そして9月8日、ポニーキャニオン内レーベルの”Knife Edge”から、シングル「音色」でメジャーデビューし、本格的なソロ活動を開始。

 

10月には、2ndシングル「ひとりじゃないのよ」、11月には、ファースト・アルバム『新人クレバ』をリリース。

 

2005年、インディーズデビューから約1年を経て、「新人クレバ」から「KREVA 2nd season」と銘を変え、更なる活動を展開。「ファンキーグラマラス feat.Mummy-D(マボロシ/Rhymester)」「イッサイガッサイ」「スタート」「国民的行事」と前年を超える4枚のシングルをリリースした。

 

2006年2月1日に、アルバム『愛・自分博』をリリースし、邦楽ヒップホップ“ソロアーティスト”初のオリコンウィークリーチャート1位(2月13日付け)を獲得。同アルバムを引き下げたツアー「KREVA TOUR 2006 愛・自分博 〜国民的行事〜」の千秋楽でも、邦楽ヒップホップ“ソロアーティスト”初となる日本武道館公演を果たす。9月には、「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2006」で、10年ぶりにBY PHAR THE DOPESTとしての活動を再開。シングル「恥じゃない」、アルバム『だからどうした!』を発売。また、吉井和哉のツアー『TOUR2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA』のオープニングも手掛けた。

 

2007年5月からは、TOKYO FM及びJFNのヒューマン・コンシャス・プロジェクトの一環として、久保田利伸とのツアーを実施し、久保田利伸 meets KREVA名義でコラボレーションシングルをリリース。6月からは、邦楽ヒップホップ“ソロアーティスト”初の大ホールツアーとして、「KREVA CONCERT TOUR ’07 SEASON-1『意味深』」を開催。5月25日、渋谷センター街のボードにて夏に3rdアルバム(よろしくお願いします)のリリースと、6月に草野マサムネ(スピッツ)とのコラボレーションを発表したことも話題となった。10月からは、この年2度目のツアーとなる「KREVA CONCERT TOUR ’07 『K-ing』」を開催。さらに「テレビ朝日開局50周年記念 KREVA CONCERT TOUR ’07」として、11月23日より2日間(1日目はゲストデー、2日目はノンゲストデーとして)、自身2度目の武道館で開催した。ゲストデーには、ツアーに帯同した5人に加え、CUEZERO、DABO、Mummy-D、久保田利伸、ALI-KICK、KOHEI JAPAN、SHINGO☆西成らが出演。ノンゲストデーでは、MC、DJなどすべて1人でライブを進行してみせた。

 

2008年3月19日には、自身初となるベスト・アルバムの『クレバのベスト盤』を発売。また、映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』に出演。同映画の主題歌「裏切り御免」を、KREVA、布袋寅泰、亀田誠治による期間限定ユニット「The THREE」が担当した。5月後半より、全国ツアー「クレハーカップ」を全国13か所17公演で開催し、約5万5千人を動員した。

同年8月3日に、国営ひたち海浜公園で開催された野外イベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008」ではLITTLEとMCUと共に4年振りに「イツナロウバ」「アンバランス」の2曲を披露した。同月には、MTVのアコースティック・ライブ「MTV UNPLUGGED KREVA」に出演した。

9月3日には自身初となるPV集『チャートバスターズK!』をリリースし、オリコンDVD音楽ウィークリーチャート初登場1位を獲得した。しかしながら、この年はシングル曲のリリースは、ソロ活動以降初めて0に終わった。

 

2009年、3か月連続配信曲を配信することを発表し、第一弾となる「成功」を1月7日から配信。「I Wanna know you」「Magic Remix (KREVA×三浦大知) 勝手にリミックスシリーズ Vol.2」など、全四曲を第二弾として2月4日に配信、第三弾として「生まれてきてありがとう(feat.さかいゆう)」を3月4日に配信した。そして約1年半振りにシングルCD「青」を3月18日にリリースした。

また、この年最初のツアーである「意味深2」を4月8日に大阪城ホールで、4月18、19日に横浜アリーナ2daysで開催した。

7月8日にシングルCD「赤」、9月8日にアルバム『心臓』をリリース、さらには、10月14日に、古内東子×KREVA コラボレーションシングル「A to XYZ/スロウビート」をリリースさせた。

そして、9月からはRound別に分けた全国ツアー「KREVA CONCERT TOUR7’09-’10『心臓』」を開催。

 

2010年、「KREVA CONCERT TOUR’09-’10『心臓』」の集大成、Round3が1月16日に大阪城ホールにて、2月6日、7日に横浜アリーナ2daysで開催され、全Roundともに無事に成功を収めてツアーは終了した。

8月下旬、「腰椎椎間板性急性腰痛症」になってしまい出演予定だったイベントなどの出演がキャンセルされた。

9月、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組にて復活する。9月15日に自身初のミニアルバム『OASYS』が発売された。

10月にはOASYSをベースとしたライブ「意味深3」が日本武道館2daysで開催され、バックバンドメンバーに小室哲哉を迎えている。

 

2011年2月16日にシングルCD「挑め」をリリース。カップリング曲の「挑めRemix」ではLITTLEとMCUが参加し自身名義の楽曲では初の共演であった。

3月30日には東日本大震災の発生を受けて「EGAO」を緊急配信リリース。この配信曲に関して全収益の80%が復興支援として継続的に寄付されている。

5月11日にはシングル「C’mon, Let’s go」をリリースし、同20日には自身初の書籍『KREAM ルールなき世界のルールブック』を出版。さらに同25日 – 28日にはシンガポールで開催された国際規模の音楽会議「MUSIC MATTERS」に日本代表として参加し初の海外でのライブを行い、全世界に生配信された。

 

2014年4月、ブロードウェイミュージカル『IN THE HEIGHTS(イン・ザ・ハイツ)』日本版の歌詞を担当。ソロ活動10周年となる年6月18日には、3枚組ベストアルバム『KX』をリリース。その後ライブハウスツアー「K10」、そして9月8日(クレバの日)を含む日程で、「908 FESTIVAL」を3年連続で開催した。ソロ活動10周年目である2015年には47都道府県ツアー「UNDER THE MOON」を成し遂げた。

 

2016年9月3日にSPEEDSTAR RECORDSへ移籍することが発表された。  

 

KREVAの実家

 

江戸川区にある『喫茶ピエール』がKREVAさんの実家です。

 

 

 

MCUいわく、日替わりランチがめちゃめちゃ美味しいそうです。

 

KREVAの嫁(妻)の画像と名前?子供(娘)?実家は喫茶店ピエール ...  

KREVAのRAPの実力

「B-BOY PARK」のMCバトル にて史上初の3連覇(1999年  2001年)を達成。

 

2001年をもって大会殿堂入りを果たしている。

 

 

 

 

その日のMCの無茶振りで即興ライブを披露するKREVAさん。

 

 

KREVAの所属事務所

 

所属レコード会社はSPEEDSTAR RECORDS

 

所属レーベルはくレーベル  

 

KREVAのYouTube推定年収

累計収入 871万8434円
推定年収 4万1938円
再生回数 7265万3617回
チャンネル登録者数 12万3000人
動画投稿数 151本
1動画あたりの再生回数 48万1149回
チャンネル運用期間 14年10ヶ月 2005年09月17日~

 

KREVAの人気動画

KREVAさんの人気の動画はこちらとなっています。

なんと再生数は1071万回! 夏の淡い恋愛を歌ったところがウケて人気になりました!

 

KREVAの最新動画

そんなKREVAさんの最新動画はこちら!

原曲も素晴らしいですが、このアレンジバージョンもオシャレでエモい感じでとっても素敵です!

 

まとめ

今回はKREVAさんについて調べてみました。 いかがでしたか?

 

HIPHOPアーディストで人気のKREVAさんですが、今後も要チェックなYouTuberだと思います!

 

これからもKREVAさんに注目したいと思います!