要潤さんは実は仮面ライダーからデビュー!?裏話について語ったり坂口拓さんからキングダムの殺陣を教えてもらうチャンネルを深堀しました!

俳優で人気の要 潤【Jun Kaname】さん。  

 

今回は、要 潤【Jun Kaname】さんの最新動画の紹介とともに、要 潤さんについて徹底的に調べてみました!  

 

 

要 潤のプロフィール

まず最初に要 潤さんのプロフィールを紹介します。

 

要 潤さんは、1981年2月21日生まれの39歳です。(2020年9月現在)  

 

要 潤(かなめ じゅん)は、日本の俳優、タレントです。  

 

身長:185㎝ 血液型:A型   香川県出身。  

 

フリップアップ所属。  

 

香川県立高瀬高等学校卒業。

 

要潤、初の弁護士役を熱演するも「俳優としてやっていく決意はいまだにしてない」 | 週刊女性PRIME  

要 潤のYouTubeチャンネル

 

  たくちゃんねること坂口拓さんに殺陣を教わっています。

 

   

坂口拓って一体何者!?現代忍者?俳優?彼の年収やウェイブと呼ばれる戦闘術について深堀してみました!

 

 

 

仮面ライダーアギトの裏話を語っています。

 

要 潤の略歴

略歴

幼少期は関西テレビ放送製作の番組を見て育ち、毎週土曜日には吉本新喜劇を見ていたことから、ボケの意識が体に染みついているという。 小学4年生の時、陸上クラブに入ったのをきっかけに中学高校と陸上部に所属。しかし高校3年生の時、400mハードル競技で失格になり挫折。以前から興味があった俳優を目指す。両親を説得し、高校卒業後、夜行バスで上京。様々なアルバイトをしながら、プロダクションに売り込むが断られる日々が続く。居酒屋でバイト中に現在の事務所にスカウトされる。 2001年、『仮面ライダーアギト』の氷川誠 / 仮面ライダーG3役でデビュー、注目を集める。「イケメンヒーロー」ブームを牽引した。2002年の昼ドラ『新・愛の嵐』ではヒロインの相手役を演じ人気を博す。その後はドラマ、映画、CM、バラエティなど多方面でマルチな活躍を見せている。 出身地・香川県をPRするキャンペーンで架空の県名「うどん県」の副知事として広報活動を担当している。また、三豊市の「三豊ふるさと大使」も担当している。 2013年4月、元タレントで美容関連会社社長の女性と結婚、同年12月26日、第1子となる男児が誕生したことを明らかにした。2015年12月24日には第2子が誕生した

要 潤の嫁さん

  ペガサスプラセンタのzero+PL essence クロス・エ・キューブ代表。

 

美容オタク☆認定コスメコンシェルジュ☆発酵マイスター☆

 

6歳の男の子と4歳の女の子2児の母です。

 

  松藤あつこ (@atsukomatsufuji) | Twitter  

要 潤のエピソード

  • 趣味は乗馬である
  • 小学校から陸上に取り組んでおり、中学・高校時代は陸上部に所属。400メートルハードルの選手だった。いずれはオリンピックもと夢見ていたが、高校3年の地区大会決勝でハードルを倒して転倒してしまい、それ以来失敗した8台目を飛び越えることが出来なくなってしまう
  • 陸上に挫折し俳優を志した要は上京し、数種類のアルバイトをしながらオーディションを繰り返していた。失敗続きだったが、新宿の居酒屋でアルバイト中、今の事務所の人に「俳優にならないか」とスカウトされた
  • スカウト前の1999年、俳優志望の友人と『笑っていいとも!』の「看板男コレクション」のオーディションを受け合格、番組に出演し優勝している[注釈 1]。スタジオアルタで警備のアルバイトをしていたところ、タモリが声をかけたというのは間違いである
  • SunSet SwishのPVに計3度出演しており、要本人は同バンドのファンである。これに関連して、要出演のドラマ『曲がり角の彼女』で、同バンドの1stシングル「明日、笑えるように」が挿入歌になっていた。
  • 中学生の頃から、地元で子ども会のボランティア団体であるジュニアリーダーとして活動し、子ども会のキャンプやクリスマス会などで子どもを相手にレクリエーションゲームの指導などを行なっていた。後に「引っ込み思案だった自分が人前に立つことのきっかけになったのはジュニアリーダーでの経験が生かされている」と語っている。
  • 『流星の絆』で共演した二宮和也から「ボケたがり」と言われるほどお笑いが好き。バラエティでも積極的にボケたがる傾向にある。若手時代も普通の俳優ならば、バラエティで緊張してしまい、アドリブが出来ない事が多いが、アドリブも無茶振りも平気でこなしていた。
  • マジックが得意。難易度の高いものはやらないが、簡単なものや、演技力が必要なマジックを得意としている。
  • カエルが大の苦手でマンションにカエルが一度出ただけですぐに引っ越したほど。巨大なカエルをマンションで目撃し、石を投げてもカエルが平気な顔をしていたため、玄関の鍵を厳重にかけて入らないようにした事もある。嫌いになったきっかけは子供の頃に友達がカエルを捕まえて、誤ってお腹を強く掴んだ際に口から丸々蝿が出てきて「こんなもん食べてるの!?カエルって蝿で出来てるの!?」という衝撃で嫌いになったという。しかし、イラストなどデフォルメされたキャラクターのカエルは平気である。
  • 特撮番組出演後に、ある程度有名になった俳優には所属事務所の方針や本人の意向からその経歴をなかったことにするケースがある中、彼自身はその経歴を隠すことはなく、メディアに出た際も『仮面ライダーアギト』に出演していた頃のことを積極的に話すことが多い。また、当時のことを回想すると、自分が頑張って取り組んだシーンでも「お前!芝居できてねぇな!」と監督やカメラマン等に厳しく駄目だしをくらって、時にはそのシーンはカットされ、落ち込む事がよくあったという。また、『アギト』に出演中に街中でファンに声を掛けられ、写真を求められても断らずに受けていた。番組のロケでお祭りに行った際にお面屋さんで『アギト』を発見し、手に取ってしみじみと眺めていた。また、要が積極的に仮面ライダー出身であることを話すようになってから、仮面ライダー出身の俳優が隠さずに話すようになってきている。
  • 芸能界入りする前はイタリア料理店で料理人として勤務。ビアガーデンでバイトした経験もあり、ゲスト出演した番組では複数のジョッキを一度に運ぶ技(両の手で数個ずつジョッキを持ち、更にそれらで挟むようにしながら複数のジョッキを抱える運び方)を披露した。スカウトされた際に相談に乗ってくれたのが、ここのオーナーシェフで「潤ちゃん、大きな事務所に入って勝負するより、小さな事務所に入る方がいいんじゃない?」と言って背中を押してくれたという。
  • 2003年1月期の日曜劇場『GOOD LUCK!!』では航空整備士を演じ、約10年後の2012年10月期にはフジテレビのドラマチック・サンデー枠で放送された『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』で航空管制官を演じ、さらに翌年の2013年4月期の日曜劇場『空飛ぶ広報室』では航空自衛官を演じている(これらは全て日曜9時の枠である)。
  • 仮面ライダーアギトに出演していた頃は、元住吉に住んでいた。そこから撮影スタジオがある大泉学園まで1時間半かけて通っていたとラジオ番組で語っている。                       引用:wiki

 

要 潤の人気動画

要 潤さんの人気の動画はこちらとなっています。  

 

 

現代忍者で有名なたくちゃんねるの坂口拓さんからウェイブパンチをくらってます。

 

 

なんと再生数は23万回!   たくちゃんねるさんについては過去の記事をご覧ください。

坂口拓って一体何者!?現代忍者?俳優?彼の年収やウェイブと呼ばれる戦闘術について深堀してみました!

要 潤の最新動画

そんな要 潤さんの最新動画はこちら!  

 

 

  最後のオチがとっても面白いです!  

 

まとめ

今回は要 潤【Jun Kaname】さんについて調べてみました。 いかがでしたか?  

 

俳優で人気の要 潤【Jun Kaname】さんですが、今後も要チェックなYouTuberだと思います!  

 

これからも要 潤【Jun Kaname】さんに注目したいと思います!