【イケハヤ大学】さんって一体何者!?彼が【竹花貴騎】さんの炎上について語った内容を徹底解明していきます!ブログや投資についても詳しく説明してくれています!

学長で人気のイケハヤ大学さん。  

 

今回は、イケハヤ大学さんの最新動画の紹介とともに、イケハヤさんについて徹底的に調べてみました!  

 

イケハヤ大学のプロフィール

 

まず最初にイケハヤ大学さんのプロフィールを紹介します。  

 

名前:イケダ ハヤト(1986年)は日本の情報商材販売員、金融商品勧誘員、アフィリエイター、ビックイシューオンライン編集、YouTuber

 

本名:漢字表記の池田勇人(いけだはやと)

 

高知県長岡郡本山町本山に拠点を置く合同会社「日本の田舎は資本主義のフロンティアだ」代表

 

高知に行って、イケダハヤトを落とし穴に落として来た | SPOT

 

イケハヤ大学のYouTubeチャンネル

 

キメラゴンさんとの対談動画です。

 

 

 

こちらはイケハヤさんの学長室チャンネルです。

 

 

 

ブログの稼ぎ方を解説してくれています。

 

 

 

 

投資について詳しく語ってくれています。

イケハヤ大学の来歴

1986年、神奈川県横浜市戸塚区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、半導体メーカーのルネサステクノロジ(現:ルネサスエレクトロニクス)へ就職。当時はまだ珍しいSNSの運用担当となり、その過程でブログを執筆するようになる。その後当該企業を退職し、ITベンチャー企業に転職、ソーシャルメディア活用についてのコンサルティング事業に携わったのち退職し独立。コンサルティングや講演をこなす生活をつづけた後、2012年、妻(イケダミキ)の妊娠をきっかけに在宅でできるネットビジネスに注目し、「情報商材販売員」となる。子供の養育に適した環境を求め2014年に東京都多摩市から高知県高知市万々に移住

2015年5月、高知市から本山町の滞在型市民農園クラインガルテンもとやま(住所:高知県長岡郡本山町大石)に移住したが現在は転居している。

2016年4月20日、合同会社「日本の田舎は資本主義のフロンティアだ」を立ち上げる。場所は高知県長岡郡本山町

   引用:wiki

イケハヤ大学の人物像

ー人物ー

他者を挑発するような記事タイトルや内容が特徴である。そのため、イケダを批判する記事なども多い。また、この挑発的なスタイルは、いわゆる炎上商法の類ではないかと言われている

2012年の著書「年収150万円で僕らは自由に生きていく」にあるように、「サラリーマンとして通勤せずともブログで必要最小限の生活費を稼ぎ、縛られない生活を送ることができる」というイケダの主張には勇気づけられたものも大勢いたが、高知移住以降は自身の「年商」を誇示するなど以前とは方向性の異なる言動が目立つようになった。また、社会経験に乏しい若者や、生活に困窮し判断力が低下した人々を攻撃的な口調で煽り自身の情報商材を売り込む、あるいは仮想通貨(暗号資産)、投資用口座などを開設させ、イケダ自身はアフィリエイトで収益を得る手法を取っているという指摘がなされている

さらには、一般的な情報収集能力のある者なら容易に得ることができるような知識を情報商材として高額で販売しているとの指摘がある。他方で、価格は問題ではあれど、情報を取捨選択するのが難しい、またその労力をかけたくないという人々にとっては無価値なものとは言えない、とする見方もある

昨今イケダを批判する論調が強くなってはいるが、イケダの前述した以前の主張や目的意識のある田舎移住など良い意味でネット社会に与えた影響も大きく、功績も見逃せないとする意見も見られる

イケダが仮想通貨事業を手掛けていた頃、自身のブログにマイニング用スクリプトを埋め込み、閲覧者のパソコンのCPUを無断で仮想通貨の発掘に利用したことが発覚して物議をかもした。イケダ自身は「読者のCPUを借りてマイニングをしてみたら、なんか面倒な人たちが湧いていることに気づいた。こういう人たちが実験とイノベーションを阻害するわけですな」と述べている。なお、Coinhiveを設置することは不正マイニングであるとして2019年4月までの時点で神奈川県警察など全国の警察は21人を検挙した。

ー事業ー

イケダは様々な事業を手掛けているが、法人を設立した2016年当時は想定年収120〜300万円という最低賃金レベルの雇用しか提示できない零細事業主であった。この時期にイケダの下へ集った者は必ずしもキャリアアップを実現できたとは言い難く、その一例として学生時代から鬱病を患い東京のシステムインテグレーター企業で勤務していた新潟出身のワクイヒトシは、仕事を辞めて四国へ移住したものの最低賃金レベルの仕事から脱却することは遂に叶わず、ほぼ一文無しで東京に舞い戻ることになった

これまでイケダが取り扱った中で最大規模の事業は、2017年から2018年にかけて従事していた仮想通貨(暗号資産)の投資および勧誘である。2017年1月初頭、初めてビットコインを10万円分購入(ただし「ぼくも最初はビットコイン1万円分からでした」とも発言している)。以後、それ以外の仮想通貨をも買い足す。元本は1000万円であった。2018年1月4日、保有する仮想通貨が円換算で1億円を超えたと報告

しかし2018年1月16日、仮想通貨市場の暴落により、24時間で資産が4200万減ったことを報告している。また、2018年1月26日に発覚したコインチェック盗難事件でも400~500万円相当の被害を受けた。なおこの事件の前、2017年10月30日には「盗難補償あり」「coincheckはUI/UXも優れているので、はじめての口座開設にはぴったりです。初心者の方はここから始めるのがおすすめですね」とコインチェックを推薦していた。コインチェックが金融庁未認可であることには言及していなかった。事件後、イケダは盗難補償に関する記述を削除した。なお、コインチェックのアフィリエイトには1名の紹介につき最大2万3000円の報酬があった。イケダによると、仮想通貨のアフィリエイト収入は「うちレベルになると、デイリー発生100万とか普通にいきます」という。「今日もアフィリエイト広告でメシがうまい!」とも発言している

また、イケダはオンラインサロン事業も手掛けている。2019年初頭には瞬間最大風速で会員数3000人を超える脱社畜サロンを正田圭、はあちゅうと共に運営していたが、同サロンは、共同オーナーである株式会社TIGALAの代表取締役正田圭の経歴に呈された疑義に対しての釈明が不十分だったことを契機に大切な顧客であるサロン会員の求心力を急激に失い、解散するに至った。脱社畜サロンが失墜した後は、借金漬けの男性ブロガーしゅうへいを手駒にしてお利息サロンを運営させているが、同サロンでは会員にサービスを提供するのではなく逆に顧客であるはずのサロン会員を下請け業務に従事させている、との告発が報道された  引用:wiki

イケハヤ大学の推定年収

累計収入 246万2194円
推定年収 226万2620円
再生回数 2051万8290回
動画投稿数 274本
1動画あたりの再生回数 7万4884回
チャンネル運用期間 14年1ヶ月 2006年09月22日~

 

イケハヤ大学の人気動画

 

イケハヤ大学さんの人気の動画はこちらとなっています。

 

 

なんと再生数は75万回!

 

分かりやすい説明で詳しく解説してくれています!

イケハヤ大学の最新動画

 

そんなイケハヤ大学さんの最新動画はこちら!

 

竹花貴騎さんのGoogle出身という事に「経歴詐称の疑い」があり、その流れで竹花さんが運営しているサービスについて語っています。  

 

“Google出身” 実際は業務委託で竹花貴騎が炎上。田端信太郎「『経歴詐称』と言われても仕方がない」

 

 

投資家で有名な【竹花貴騎】さんのモチベーションや年収など深堀してみました!

 

まとめ

今回はイケハヤ大学さんについて調べてみました。 いかがでしたか?  

 

学長で人気のイケハヤ大学さんですが、今後も要チェックなYouTuberだと思います!  

 

これからもイケハヤ大学さんに注目したいと思います!