ゲーム実況で人気の【あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっている】人気になったバイオハザードや影廊動画、ツイッターや年収など深堀してみました!

ゲーム実況で人気のあまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさん。

 

今回は、あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんの最新動画の紹介とともに、あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんについて徹底的に調べてみました!

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているのプロフィール

まず最初にあまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているの簡単なプロフィールを紹介します。

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんは、

 

名前:ガッチマン

 

出身:埼玉県

 

身長:176㎝

 

日本のゲーム実況者である。主にホラーゲームを実況している。

 

趣味はゲームとロードバイク。既婚者で妻は、漫画家・ゲーム実況者のトラちん。

 

ガッチマン(実況者)の素顔、年齢を公開!2児の父親だけど嫁と離婚!?色盲って本当? | ペンタニュース

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているのYouTubeチャンネル

 

4人で人狼ゲームの実況をしています。

 

 

 

 

ゲストを招いて、ガッチマンさんはジェイソン側でゲストを狩る企画です。

 

 

 

 

FORESTというサバイバルゲームの実況動画です。

 

やはり仲の良い人たちとの会話は見ていて面白いですね。

 

 

 

 

影廊というゲームをプレイしています。

 

驚いてはいないものの、それなりに興奮しているガッチマンさんが見れます。

 

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているの概要

  • 名前の由来は中学校でのニックネームから。卒業式の予行演習において、放送委員であったガッチマンが入場BGMにガッチャマンのテーマを使用しようとした為、ガッチャマンというニックネームが付き、短縮されてガッチマンとなった。愛称は『ガッチさん』。
  • 高校時代には体操部に所属。その身のこなしの軽さが実写で発揮されることがある。
  • 職歴はゲーム販売店勤務(後に店長に就任)、コピー機販売営業、食品製造販売。その後ゲーム実況に専念し今に至る。
  • 主にホラーゲームの実況を行う。プレイ済みのゲームを解説しながらプレイするスタイルが「解説実況」と呼ばれる。落ち着いたテンション、穏やかな声音でユーモアを交えながらのサクサクプレイは「怖くない」ホラーゲーム実況スタイルとしてホラーが苦手な視聴者にも人気がある。初見実況動画を投稿することもある。
  • ゲーム(特にホラーゲーム)やそのストーリーの面白さを紹介することを目的とし、ゲームが主役でガッチマンという投稿者自身はあえてあまり表に出さない動画作りをしているという。
  • ゲーム実況を通してゲームの面白さを伝えゲームカテゴリを盛り上げるのが目標とのこと。視聴者にゲーム実況を見るだけではなく興味を持ったら自分でゲームをすることを推奨している。実績のあるインディーズゲーム制作者に支援を行うこともある。
  • 代表作は「バイオハザード」シリーズ、「デッドライジング」シリーズ、「SIREN」シリーズ、「サイレントヒル」シリーズ等多数。
  • 生放送やコラボ実況ではお茶目にふざけるガッチマンの一面がみられる。解説実況のテンションとのギャップを牛沢は「久しぶりにガッチさんの動画を見たら(中略)、こいつだれだよ、この落ち着いたおじさん誰だよ、ってなって」と評していた
  • アイコンとして使用している「黒のスーツ・黒頭巾・黒縁眼鏡」というキャラクターは「忍者めし ブルーベリー味」のパッケージを参考に書き起こしたもの。現在は初期の3Dアバター(制作:寿司いくら)の画像を使用することも多い。
  • 「ガッチマン」=「スーツを着た忍者」という図式は忍者ゲームである『忍道 戒』の実況期間中の「今日は(勤めている店舗の)天井に登って掃除をした」というツイートに対する「えっ、ガッチマンって何の仕事をしているの?忍者なの?」というコメントがきっかけ。
  • 若干の色覚異常を持つことを公表している。

ニコニコ動画におけるスタート

  • 2009年4月18日、ニコニコ動画で「セインツロウ2協力プレイ実況part1」を投稿しゲーム実況デビューをする(コンビ実況)。個人実況のデビューは2009年6月28日「【GC版クリス編】バイオハザードを5時間以内に秒殺」で、これ以後個人実況が主となった。
  • 比較的早く頭角を表し、2010年にはゲーム実況者として名が知られるようになる。その後多数の再生回数ミリオン、ダブルミリオンを達成する動画を生み出した。
  • 2010年9月10日に投稿された「外国人が強すぎて怖くないホラーゲームSIREN:NT」ではスニーク系の逃げゲーでありながらゲームスキルを生かして積極的に暴れる解説実況プレイを確立し、大人気となった。現在でもこの動画はニコニコ動画に投稿した実況動画中で最多の再生回数を誇っている。その後多くの実況動画にこのスタイルは引き継がれた。これはもともと他の解説実況系の実況者との差別化を図るためであったとのこと。
  • 2014年8月10日~14日、ニコニコ公式の『SIRENシリーズ+人気ホラーゲーム81時間ぶっ通し!実況これを見ないと夏休みは終わらない生放送』というゲーム実況者、生主、歌い手、踊り手、ボカロP、など計50名以上でゲームをクリアしていく放送では、目標のゲームのクリアが進まず放送時間が押す中、「SIREN NT」がまるまる残った状態でバトンを受け取ったアンカーのガッチマンが3時間半という驚異のスピードでクリアをするという伝説を作った
  • 2014年9月24日からニコニコ動画に投稿された 「深夜警備員のバイトが怖すぎるFive Nights at Freddy’s」の最終回において、当時世界でもほとんどクリアした人がいなかった”Customize NightのAll 20”(襲ってくる敵キャラのAIをとんでもなく強くした状態)のクリアを見事に成し遂げた。しかし実に12時間を費やしその後寝込んでしまったため、以後All 20のプレイは封印された
  • 2014年9月、ニコニコ動画の個人チャンネル「ガッチマンデー」を開設。毎週月曜日にゲーム実況の生放送と雑談放送(居酒屋マンデー)を行っていた。また、ニコニコ公式番組によるイベントや他のチャンネル保持者(後のTOP4(後述)等)とのコラボによる実写動画が投稿されることもあった。2019年8月末を持って活動休止中だが投稿済みの動画は視聴可能(一部有料)。

YouTubeへの移行

  • 2017年1月より主な活動場所をYouTubeに移行。同時にチャンネル名を「ここはガッチマンのあれだ」から「あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっている」に変更した。当時のチャンネル登録者はおよそ12万人。
  • ニコニコ動画からYouTubeに移行して苦戦する実況者も多いことからガッチマン本人も移行にはかなり慎重であったようだが、移行後すぐにバイオハザード7(2017年1月25日~)でブレイクし大きくチャンネル登録者数を伸ばした。
  • バイオハザード7に引き続き「Friday the 13th: The Game」で再びブレイクし、TOP4でのコラボ実況(後述)が投稿されるとこちらも非常に人気を博し、ガッチマン個人の実況としても、TOP4のコラボ実況においても代表作の一つとなった。
  • 「The Forest」(2018年5月1日~)、「Conan Outcasts」(2018年8月23日~)、「7 Days to Die」(2020年1月28日~)といったクラフト系ホラーゲームの初見実況という新たなジャンルを開拓し人気の実況となっている。
  • 2018年1月7日、YouTubeチャンネルの登録者数が50万人を突破した。
  • 2019年1月10日、YouTubeチャンネルの登録者数が80万人を突破した。
  • 2019年8月12日、YouTubeチャンネルの登録者数が100万人を突破した。

コラボ実況

  • 2016年頃からはしばしば同じニコニコ動画出身のゲーム実況者であるキヨ、レトルト、牛沢とコラボ実況を投稿している(各々のチャンネルで投稿される)。後に牛沢が投稿したコラボ実況動画の中で、キヨが4人のことをふざけて「日本TOP4」と言ったことから彼らの呼び名として定着した
  • 4人はもともとニコニコ動画の公式放送やイベントで仲良くなった実況者飲み友達グループ(他にも人がいた)
  • ガッチマンのTOP4メンバーとの出会い
    1. キヨ:2010年頃にキヨがTwitterで話しかけてきた
    2. レトルト:キヨから紹介されてガッチマンがTwitterで話しかけた
    3. 牛沢:2012年3月のニコニコ公式番組で共演した
  • キヨとレトルトが主催するゲームイベント全8回には牛沢と共に全て出演している。
  • コラボ実況やリアルイベントでの担当色は基本的に青(キヨ:赤、レトルト:黃、牛沢:緑)。本人にとってのイメージカラーは黒もしくは赤らしいが(ホラーや忍者の黒、血飛沫の赤)、赤は他に担当者がおり、フリフラで黒にするためには消灯する他ないという理由で余った青色になったとのこと。コラボ実況動画の字幕では黒が採用されることも多い。
  • コラボした実況者・牛沢(チーム湯豆腐)・FB777(M.S.S Project)・キヨ(最終兵器俺達)・こーすけ(最終兵器俺達)・5月病マリオ(音速兄貴)・コジマ店員 ・島津の鉄砲兵 ・椎間板ヘルニア ・towaco(チーム湯豆腐/音速兄貴)・猫マグロ ・ヒラ(最終兵器俺達)・フジ(最終兵器俺達/ゲーム実況者わくわくバンド)・フルコン(チーム湯豆腐/ゲーム実況者わくわくバンド)・まお(ましお/ツカダファイブ)・まっくす ・レトルト

YouTubeサブチャンネル

  • 2020年5月7日にサブチャンネル「ガッチマンV」をVTuberチャンネルとして開設。
  • 開設の意図としては、長年の活動でスタイルや視聴者層が固まったメインチャンネルではやりにくかった活動をするためとのこと。
    1. ホラーゲーム以外のゲーム実況やホラーゲームでもメインチャンネルに上げにくいゲームの実況
    2. メインチャンネルにおける投稿者自身が出すぎない動画作りとは異なり、自身をタレントとして前面に出したスタイルでの投稿(ネタとしての小話や踊ってみたを含む)
  • もともとニコニコ動画のガッチマンデーでは顔出し雑談放送を行っていて、視聴者から顔出し雑談放送の復活を望む声が多かった。顔を出さない代わりにアバターを使ってみたいと考えていたことやVTuber業界に興味があったこともあり、サブチャンネルをVTuberチャンネルとして運営を開始した。
  • サブチャンネル開設の翌日8日にはチャンネル登録者10万人を達成し初投稿動画「まず自己紹介が基本だな」が急上昇5位を獲得。
  • 「まず自己紹介が基本だな」と投稿2本目「はは、Vtuberなんだから動くに決まってるだろ?」は3日間YouTubeの総合急上昇ランキングに乗り続けた。
  • 2020年5月13日にチャンネルの収益化を達成。
  • 2020年5月16日にスーパーチャット開放。
  • 2020年5月27日に「【感謝】キャプチャー代 回収完了しました!!!」で、VTuberの3Dモデルのモーションキャプチャー代(110万円:桁を間違えて購入した)の回収をサブチャンネルのみで達成したことを報告した。
  • 2020年5月28日にチャンネル登録者20万人を達成。
  • 2020年6月18日にサブチャンネル用メインイラストが設定された。イラストレーターはモゲラッタ氏。
  • 2020年8月27日、スーパーチャットを基本的に閉鎖。以降、大型コラボや記念枠でのみ開放するとしている。
  • 2020年9月26日、モゲラッタ氏のイラストをベースとした二代目の3Dモデル(制作会社:冬寂)に換装した。
  • 2020年10月10日にチャンネル登録者30万人を達成。
  • コラボした配信者 *50音順 ・アメリカザリガニ平井・アルランディス(ホロスターズ)・伊東ライフ・因幡はねる (あにまーれ) ・犬山たまき(のりプロ)・歌衣メイカ(upd8)・神楽すず(.LIVE)・風見くく(あにまーれ)・木緒なち ・キズナアイ ・磁富モノエ(VOMS)・白上フブキ(ホロライブ)・でびでび・でびる(にじさんじ)・天開司・電脳少女シロ(.LIVE)・ときのそら(ホロライブ)・兎鞠まり(upd8)・ビートまりお・舞元啓介(にじさんじ)・まだら牛 ・山神カルタ(にじさんじ)・夕刻ロベル(ホロスターズ)・緑仙(にじさんじ)・レヴィ・エリファ(にじさんじ)  引用:wiki

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんのニコニコ動画

 

https://ch.nicovideo.jp/gatchman2525

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているの番組

  • ATLUS、CAPCOM、バンダイナムコエンターテインメントを始めとするゲーム会社の公式番組で、MCやゲストとして多数の出演歴がある。
  • 闘会議TVを始めとするニコニコ公式番組の出演歴も多数。
  • 2012年6月12日~2016年6月21日、ニコニコ動画のゲーム情報LIVE番組「ゲームのがっこう」(通称:ゲーがく!)にて初代MCを務めた。
  • 2014年12月17日、TBSテレビ「NEWS23」にゲーム実況者としてインタビュー出演する。ガッチマンの出演時、「海外では”年収4億円”も」というテロップが表示され続けていたため、ガッチマンが年収4億円稼いでいると勘違いした近所の人があわてて家に突撃してくるという事件が起きた。
  • ガッチマン・キヨ・レトルト『ディバインゲート』生放送!(2014年2月16日、ニコニコ動画)
  • 【繚乱牛沢ガッチマンtowaco出演】ゲーム実況 876TV(2015年6月22日、バンダイナムコエンターテインメント公式)
  • レト、キヨ、ガッチマン、FB777みんなでマイエンジェル!!876TV 最終回(2016年5月16日、バンダイナムコエンターテインメント)
  • 『アトラス×ヴァニラウェアが贈る「オーディンスフィア レイヴスラシル」秋の実演会』(2015年9月26日、ATLUS)
  • 『戦国BASARA 真田幸村伝』(2016年6月23日、CAPCOM)
  • PLAYISM Game Show: TOKYO GAME SHOW 2020 ONLINE(TGS)事前発表会(2020年9月22日、PLAYISM)

ガッチマンV

  • VTuber FallGuys Party!!【YouTube Gaming Week】(2020年9月30日, YouTube)
  • 【公認】真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER 先行プレイ (2020年10月3日、ATLUS) 引用:wiki

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているのツイッター

 

雑談配信もされているみたいですね。

 

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているの推定年収

 

累計収入 9009万5490円
推定年収 2810万867円
再生回数 7億5079万5755回
チャンネル登録者数 140万人
動画投稿数 1944本
1動画あたりの再生回数 38万6211回
チャンネル運用期間 8年2ヶ月
2012年10月07日~

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているの人気動画

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんの人気の動画はこちらとなっています。

 

 

なんと再生数は313万回!

 

エグイ敵がガンガン登場していますが、名前の通り全く動じずにプレイしています(笑)

 

あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているの最新動画

 

そんなあまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんの最新動画はこちら!

 

 

皆でワイワイ桃鉄をプレイしています。

 

仲が良い人たちとやる桃鉄は本当に面白いですね!

 

まとめ

今回はあまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんについて調べてみました。 いかがでしたか?

 

 

ゲーム実況で人気のあまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんですが、今後も要チェックなYouTuberだと思います!

 

 

これからもあまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっているさんに注目したいと思います!