あの【GACKT】が鬼滅の刃を熱唱!!ユーチューブで始めた英会話やガクザップなど深堀してみました!

シンガーで人気のがくちゃん GACKT official YouTubeさん。

 

今回は、がくちゃん GACKT official YouTubeさんの最新動画の紹介とともに、がくちゃん GACKT official YouTubeさんについて徹底的に調べてみました!

 

がくちゃん GACKT official YouTubeのプロフィール

 

まず最初にがくちゃん GACKT official YouTubeの簡単なプロフィールを紹介します。

 

がくちゃん GACKT official YouTubeさんの登録者数はなんと71.9万人!

 

GACKT(ガクト)さんは、日本の男性シンガーソングライター俳優実業家でありYouTuber

 

マレーシアクアラルンプール在住

 

PROFILE | GACKT OFFICIAL WEBSITE

 

 

本名:大城ガクト

 

別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui

 

出身:沖縄

 

生年月日:1973年7月4日 47歳(2020年11月現在)

 

身長:180㎝ 血液型:A型

 

沖縄県で生まれ、小学生の頃から高校生まで滋賀県で育つ。

 

3歳の頃ピアノの練習を開始し、11歳で一度中断するも14歳前後に友人の影響で再開する

 

高校でドラムの演奏を始め、卒業後は水商売やディーラー、スタジオの音響などの仕事の傍らドラムのヘルプを続け、京都でYOUとバンドCains feelを立ち上げ、ボーカルを務める

 

人からの紹介でMALICE MIZERのManaとKoziに会い、MALICE MIZERへの加入を決め上京して1995年10月から1999年1月にかけて2代目ボーカルとして活動する

 

 

がくちゃん GACKT official YouTubeのYouTubeチャンネル

 

ライザップならぬガクザップはかなりハードで有名に。

 

トレーニングをしているだけですが、色気あるガクトさんが教えるとどうしてもエロ~く見えてしまう映像もあります。

 

 

 

 

彼が英語を教えてくれています!

 

 

 

 

ガクトさんが女性を口説く絵が思い浮かぶ内容になっています。

 

 

 

ラファエルさんとのコラボ動画です。

 

※10/20更新 ヒカルがラファエルに特撮レベルのドッキリを仕掛ける!! 超人気YouTuberラファエル 素顔、年齢、年収、会社など徹底深堀り!!

 

がくちゃん GACKT official YouTubeの人物像

  • 自らを“表現者”と称し、ミュージシャンという枠にとらわれない多才ぶりを発揮する個性派アーティスト。ヨーロッパ、アジア全域、アメリカに多くのファンを保有し世界中で活動を続ける。2019年にソロデビュー20周年を迎えた。
  • 家庭教師の経験がある
  • テコンドーの黒帯を有している。
  • 日本語の他に英語、中国語(北京語)、韓国語、フランス語などが話せる。『12月のLove song』は4カ国語(日・英・中・韓)で発表している。
  • 私生活では、自宅内にある道場でパーフェクトボディをキープすべく激しいトレーニングを行い、炭水化物を極力控えた食事を日に一度(基本的に夕食)のみ。 引用:wiki

 

がくちゃん GACKT official YouTubeのエピソード

  • これまでに、CDシングル48枚とアルバム19枚をリリースし、男性ソロアーティストの『オリコンシングルランキングTOP10獲得作品数』において日本で首位の記録を持つ。
  • 2001年から、4回連続でNHK紅白歌合戦に出場、密着取材の特別番組が組まれるなど、NHKとの結びつきは強い。2007年には、NHK大河ドラマ『風林火山』に準主役ともいえる上杉謙信役で出演した。同年には、劇中の甲冑姿で撮影した写真集『龍の化身(NHK大河出演役としては局始まって以来の初の写真集)』が発売され、第58回NHK紅白歌合戦にも同じ姿で出演し、巨額の費用を投じて『風林火山』にちなんだ特別な演出を全額自己負担で施した。
  • 『機動戦士ガンダム』の熱烈なファンで、『オールナイトニッポン』のパーソナリティだった頃、番組中でよく台詞を口にしていた他、横浜アリーナでの『オールナイトニッポン』でのイベント出演の際は、ファンからの呼びかけにより「ジーク・ジオン!」を連呼していた。それ以降もその他の番組内でガンダムが取り上げられた際にはアムロ・レイ、カイ・シデン、シャア・アズナブル、ギレン・ザビなどのモノマネをしばしば行っている。ガンダムはファースト(初代)を好み、「その後のガンダムは商業主義の副産物」と言い切ったこともある
  • 2009年の『仮面ライダーディケイド』で主題歌を担当するが自分で作詞作曲しないということ、平成仮面ライダーに関する知識がなかったことなどから、当初は引き受けることには慎重な姿勢を見せていた。なお、同作主演の井上正大とは、プロモーションビデオでの共演を機に、プライベートでも交流を持つようになったという。劇場版『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』とその主題歌のプロモーションビデオでは、ライダーマンに変身する結城丈二を演じる(実際に変身する描写はない)。この配役は、出演依頼を受けた際に「正大の背中を押せる役柄」を希望し、スタッフから提案されたもの[23]
  • 2015年9月4日、ブログマガジンを配信し、いつもサングラスをかけている理由は、目が弱いためであることを打ち明けた。光を調整する機能が壊れており、特に日差しの下だと光を取り込み過ぎて何も見えなくなるほどだと、悲観的ではなく軽い書き方で説明した
  • まだ駆け出しで貧乏暮らしをしていたころ、当時の交際相手(歌手になる夢を応援してくれていた女性)に見栄をはり、食事をご馳走しようと高級レストランへ誘ったが、高額すぎてとても二人分は支払えないと悟り、女性だけに食事をさせたため、かえって泣かせてしまったという苦い経験を持つ。また、90年代に起きたCD不況の影響から、「男たるものしっかりとお金稼ぎができなくばだめ」という考えを持つようになった。加えて、30歳までは音楽活動と俳優業で多忙を極めたため、税金対策ともう少しゆっくりした時間を過ごしたいという気持ちから、クアラルンプールのセレブ街へ移住。現地では持ち前の知名度と語学力を生かして、富裕層向け不動産業などを営む実業家となっている。
  • GACKTと二階堂ふみによるW主演の映画『翔んで埼玉』(2019年2月22日公開)は累計動員290万人、興行収入37億円を突破し空前の大ヒットとなり、第43回日本アカデミー賞にてGACKTが優秀主演男優賞を受賞し、映画としても最多12部門で優秀賞に輝いた。同作品への出演について、オファー時には高校生役と聞いて即答で断ったが、原作者の魔夜峰央による指名と聞いて元々作品のファンだったことと、相手役の二階堂と一緒にならいい作品を作れるのではないかと思ったことから受けたと明かしている。
  • 2019年5月2日に放送されたフジテレビ系番組『直撃!シンソウ坂上SP』が、番組平均視聴率13.1%を記録し、同番組の最高を更新。番組内ではマレーシアでの生活を公開し、大河ドラマ『風林火山』で共演した緒形拳とのエピソードについて語った。
  • SNSの登録者数もLINE 約167万人、Instagram 約100万人、Twitter 約87万人、facebook 約45万人、中国のWEIBO約41万人と日々増え続けている。(2020年1月現在)2015年11月に開設したInstagramのアカウントには、日々のトレーニングや出来事について度々動画を投稿し、大人気を博している    引用:wiki

 

 

がくちゃん GACKT official YouTubeの所属事務所

 

株式会社glove

 

がくちゃん GACKT official YouTubeの推定年収

 

累計収入 332万5956円
推定年収 332万5957円
再生回数 2771万6308回
チャンネル登録者数 68万6000人
動画投稿数 104本
1動画あたりの再生回数 26万6502回
チャンネル運用期間 0年10ヶ月 2019年12月20日~

 

がくちゃん GACKT official YouTubeの最新人気動画

 

がくちゃん GACKT official YouTubeさんの人気の動画はこちらとなっています。  

 

 

 

なんと再生数は309万回!  

 

今話題の鬼滅の刃の曲を歌っています!

 

まとめ

今回はがくちゃん GACKT official YouTubeさんについて調べてみました。いかがでしたか?

 

シンガーで人気のがくちゃん GACKT official YouTubeさんですが、今後も要チェックなYouTuberだと思います!

 

これからもがくちゃん GACKT official YouTubeさんに注目したいと思います!